マーベル(MCU)作品順番まとめ!映画&ドラマシリーズも紹介!【全51作品】

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

どうなるフェイズ4&5!

2020年から開始されるMCUシリーズは「サンディエゴコミコン2019」にて公式にマーベルスタジオから発表されました。
映画6作、ドラマ4作、アニメ1作と今までのフェイズとは異なる多展開を予定しています!

特に映画とドラマ互いに影響し合うストーリーになるといわれ、どちらも目が離せないものとなっています!

『ブラックウィドウ』

アベンジャーズの初期メンバーである女性ヒーローのブラックウィドウが主人公の作品。
時系列はは『シビルウォー/キャプテンアメリカ』の直後になると言われ、政府に追われる身となったナターシャ・ロマノフが謎のヴィランであるタスクマスターと戦いを繰り広げます。

またホークアイことクリント・バートンとの間に起きた”ブダペスト”の真相も明かされる予定です。

2021年4月29日に全米公開予定。

『シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・テン・リングス』

アジア人ヒーローを主人公とした初のマーベル映画。カンフーを得意とするシャン・チーを知人工にした作品で、本格的なアクション映画となることが予想されます。

また『アイアンマン3』には偽物のマンダリンが登場していましたが、今作ではトニー・レオンが演じる本物のマンダリンが登場します。

シャン・チー役には中国系俳優のシム・リウが務める。

2021年7月9日に全米公開予定。

『エターナルズ』

フェイズ4の新単独映画である『エターナルズ』は、マーベル世界に存在する神々を扱う早大なストーリーとなります。

キャストにはアンジェリーナ・ジョリーをはじめとした実力派俳優が多数出演。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』などでも触れられていた神の存在に焦点を当て、MCUにとって新たな宇宙を舞台にした作品になっていきます。

2021年11月5日に全米公開予定。

『ドクターストレンジ イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』

2017年日本公開のベネティクト・カンバーバッチ主演の『ドクターストレンジ』の正統な続編。

内容に関する情報はほとんど公開されていませんが、今作にはスカーレット・ウィッチもメインキャラクターとして登場することが判明しています。

映画公開前に配信が開始されるDisney+ (ディズニープラス)オリジナルドラマ『ワンダヴィジョン』やMCU版『スパイダーマン3』も大きく内容にかかわっているとされています。

2021年3月25日に全米公開予定。

『MCU版スパイダーマン3』

MCUシリーズに参戦したスパイダーマンとしての3作目。

スパイダーマンの映像化権利を持つソニー・ピクチャーズとディズニー社の2社が、一時は契約が決裂していました。しかし再び新たな契約を結ぶことで実現した映画です。

ソニーが単独で展開するシネマティック・ユニバースともクロスオーバーが行われる可能性もあるといわれていますので、非常に期待されている映画です。

2021年12月17日に全米公開予定です。

『ソー:ラブ・アンド・サンダー』

シリーズとしては異例の単独映画4作目となる『ソー:ラブ・アンド・サンダー』。監督は『ラグナロク』に引き続いてタイカ・ワイティティ。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』の後を描く作品で、映画にはソーやヴァルキリーのほかにも、ナタリー・ポートマン演じるジェーン・フォスターも再登場します。

またジェーンは今作でムジョルニアを持ち上げ、雷の力を使う女性版マイティ・ソーになることも判明しています。

ヴィランのゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーには『ダークナイト』シリーズでバットマンを演じたクリスチャン・ベールとなる。

2022年5月5日に全米公開予定。

『ブラックパンサー2』

2018年の大ヒット作『ブラックパンサー』の正統な続編。監督は引き続きライアン・クーグラーが担当。主演もチャドウィック・ポーズマンが出演する予定だったが、2020年8月に急逝。その後今作がどのようなキャスティングになるのかはわかっていない。

おなじみのキャラクターの再登場に引き続き、今作のメインヴィランとして噂されるのは海底の王者ネイモアになるのではないかといわれています。

MCUのフェイズ4作品として予定され、2022年7月8日に全米公開予定。

『キャプテンマーベル2』

2019年公開のブリー・ラーソン主演映画『キャプテンマーベル』の続編。
監督は前作から変更されてニア・ダコスタが務める。

『ワンダヴィジョン』に登場する成長したモニカ・ランボーや、『Ms.マーベル』の主人公も登場することがわかっている。

『キャプテンマーベル2』は2022年11月11日に全米公開予定。

『ブレイド』

マーベル世界のダークヒーローであるヴァンパイアハンター・ブレイドを主人公にした作品。
ウィズリー・スナイプスが演じた作品のリブート作品となります。

主演にはドラマ『ルーク・ケイジ』でコットンマウス役を演じたマハーシャラ・アリ。

公開時期やストーリーなどの詳しい情報は明かされていない。

フェイズ4以降は?

2020年~2021年までの2年間で公開される映画・ドラマの一覧は公式に発表されていましたが、すでに製作が発表されていた『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』の名前はなかった。

おそらくフェイズ5ではそれらの作品に加えて、以下の作品の公開が発表されている。

2022年以降の公開予想作品

  • 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』
  • 『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』
  • 『ファンタスティック・フォー』
  • 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル』
  • 『アーマー・ウォーズ』
  • 『アイアンハート』
  • 『シークレット・インベーション』
  • 『アイアムグルート(アニメ)』

>>次のページ:MCUドラマシリーズを解説!<<

関連記事を読む