マーベルドラマ『クローク&ダガー』がシーズン2で製作終了 - キャストとの契約も満了へ

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

マーベル・テレビジョンが製作してきたMCUドラマ『クローク&ダガー』が、シーズン2をもって製作が終了したことを海外メディアが報じています。

ジェフ・ローブ氏退任との関係は不明

海外メディアのDeadlineは、マーベル・テレビジョン製作でFreeformで放送されたドラマ『クローク&ダガー』が製作終了したことを正式に発表しています。

‘Marvel’s Cloak & Dagger’ Canceled By Freeform After 2 Seasons

今回の製作終了に合わせて、メインキャスト2人との契約も満了したことが伝えられています。

先日にはマーベル・テレビジョンの代表を務めてきたジェフ・ローブ氏が退任することが判明し、今後マーベルドラマも大きく改革が行われると予想されています。
それもそのはず、マーベルの映画、ドラマ、コミックの総指揮を担当するのがマーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏に一任されることになったからです。
そのため、『クローク&ダガー』も製作が終了することは大方予想はされていました。

これでジェフ・ローブ氏が手掛けたドラマは『ランナウェイズ』シーズン3『エージェント・オブ・シールド』シーズン7、そして『ヘルストローム』の3作品になりました。

果たして今後マーベルドラマはどのような方向に向かっていくのでしょうか?新たな情報に注目です。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!