マーベル&ディズニー、『ブラックパンサー2』の計画を再検討か - 主演俳優死去が影響

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

先日世界中のファンを驚かせ、悲しませた『ブラックパンサー』主演のチャドウィック・ボーズマンさんの死去。数年にわたる大腸がんとの闘病により惜しくもこの世を去ってしまった彼に、ファンをはじめ多くの同業者が悲しみに暮れた。

しかしこのままとどまるわけにはいかない。先に進むためにマーベル・スタジオとウォルト・ディズニー社は『ブラックパンサー2』の計画について再検討をしていると伝えている。

『ブラックパンサー』シリーズのストーリーの再検討

海外メディアのハリウッド・レポーターは、ティ・チャラ/ブラックパンサー役のチャドウィック・ボーズマンさんの死去を受けたマーベル・スタジオとウォルト・ディズニー社の近況を報告。シリーズについて話し合いをしていると伝えている。

Disney Grapples With How to Proceed on ‘Black Panther’ Without Chadwick Boseman

彼は9月から新たな撮影にために闘病によって落ちた体重を取り戻すためのトレーニングを始める予定だったとのことだ。

また記事では、マーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏がチャドウィック・ボーズマンさんの大腸がんについて知らされたのが、彼の死の数時間前だったと伝えている。

突然の死の悲しみに暮れた後、マーベル・スタジオとディズニー社は残された『ブラックパンサー』のシリーズについては現在再検討をしているとのことだ。
一部ではストーリーライン全体の再構成の可能性も考えられる。

あまりに突然のことだったため、ティ・チャラというキャラクターをどのように扱っていくのかも現時点では決まっていない。
キャラをそのままに新たな俳優をキャスティングするのか、はたまたティ・チャラを継ぐ新たな主人公を立てるのか、ファンの間で議論されているのはこの2つがメインとなっている。

もし後者ならばティ・チャラの妹シュリが新たなブラックパンサーになると予想されている。
コミックでは彼女も女性版ブラックパンサーとして活躍しているからだ。

まだまだ確実なことは決まっていないが、『ブラックパンサー2』は2022年5月6日に全米公開を予定している。

関連記事を読む

コメントをする