マーク・ラファロ、ドラマ『シー・ハルク』への出演は? - 「現状では何もない」

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

『アベンジャーズ』の初期メンバーとして活躍し、『アベンジャーズ/エンドゲーム』では驚きの進化を見せたハルク。様々なヒーローの中でも大きの紆余曲折があったキャラクターといっても過言ではないでしょう。

『エンドゲーム』が終わったいま、ハルクの次なる活躍の場所は明らかになっていない。

しかし彼と関係の深い『シー・ハルク』がDisney+ (ディズニープラス)でドラマ化されることが明らかになっている。
『シー・ハルク』にハルクは登場するのか?マーク・ラファロが誰もが気になる質問にコメントした。

『何か良いことが思いついたら面白いでしょう』

ブルース・バナー/ハルクを演じるマーク・ラファロは、海外メディアのえVarietyのインタビューに答え、『シー・ハルク』への出演の可能性があるのかどうかについて回答を示した。

Mark Ruffalo on the Hulk’s Future and Why He’d Love to Team With Wolverine

現状ではまだ何も無いです。「シー・ハルク」でバナー/ハルクを出すことができるいくつかの話はあります。何か良いものが思いついたら、それは本当に楽しいでしょう。ただ今のところはそれだけです。可能性がテーブルの上にあるだけ。

少し前にはマーク・ラファロが『シー・ハルク』への出演契約をしたというニュースもあったが、これが事実だったかどうかはぼかされている。しかし少なくともドラマ製作陣とは何かしらの関わりがあるようなニュアンスでもあるため、ハルクの登場の可能性自体は存在しているようだ。

コミックでの主人公ジェニファー・ウォルターズ/シー・ハルクの設定は、弁護士として働くブルース・バナーの従姉妹。ある日暗殺者によって重傷を負ったジェニファーは、ブルースの血を輸血されたことによってハルクの力を得た。
シー・ハルクの特別なところは、常時理性を保っていられるというところだ。ブルースでいうなら最初からスマート・ハルク状態ということになる。

ドラマでもこの設定が活かされるのであれば、ブルース・バナーの存在は欠かすことはできないだろう。ハルクの単独映画の実現が難しい以上、どうにかハルクの見せ場も作ってもらえたらファンとしても嬉しい限りだ。

少なくとも今後なにかしらの作品でマーク・ラファロのハルクが再登場するのはほぼ確実だろう。今後の情報に注目だ。

関連記事を読む

コメントをする