メイおばさん役のマリサ・トメイ、検討されていた複数の髪型を公開! ー よりコミックに近い髪型も?

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

世界中で公開となっているマーベルスタジオ最新作の『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』。前作から引き続き登場するスパイダーマンを取り囲む魅力的なキャラクターたちも多くの注目を集めていました。

中でも『シビルウォー/キャプテンアメリカ』での初登場以来話題を呼んでいるのは、マリサ・トメイ演じるメイおばさんサム・ライミ版『スパイダーマン』『アメイジングスパイダーマン』に登場したメイおばさんは、まさにおばあちゃんといった様相であまり若々しいとは言い難い外見をしていました。

しかしマリサ・トメイ版メイおばさんは非常に若々しく、セクシーという今までのイメージを覆すキャラクターとして描かれています。

そんなメイおばさんですが、実は映画とは大きく異なる髪型も検討されていたことが明らかになりました。

より老けて見える外見に?

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』でメイおばさんを演じるマリサ・トメイは自身のインスタグラムで、映画でメイおばさんを演じる際に検討されていた様々な髪型の写真を投稿しています。



その中では現在のロングスタイルとは異なる長さの髪型や、パーマをかけた髪型、白髪のようなメッシュの入った髪型などが確認できます。いくつかは今よりも老けたように見える写真も存在するため、当初はほかのスパイダーマン映画やコミックのように高齢者のメイおばさんを予定していたのかもしれませんね。

結局のところ現在のスタイルのメイおばさんとなることで、一部のファンの心をグッとつかんだ形になりました。

MCUのメイおばさんの特殊な部分としてはほかにも、ピーター・パーカーがスパイダーマンであることを知っているや、ハッピー・ホーガンとのロマンスの可能性をにおわせるなど、今までのメイおばさん像とは異なる描かれ方をしています。

ちなみにベンおじさんは登場したことはありませんが、その存在や今後の作品での登場に関してジョン・ワッツ監督は可能性を示唆していました。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は現在公開中です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!