ルーシー・リュー、『シャザム!』続編でヴィラン役で出演! ー 監督もコラ画像で歓迎

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

現在DCコミックスの映画として製作を予定している続編『シャザム!:フューリー・オブ・ザ・ゴッズ』に、あの有名女優のルーシー・リューが出演することがかきらかになった。

Lucy Liu Cast as a Villain in Shazam! Fury of the Gods

ルーシー・リューは2003年に映画『チャーリーズ・エンジェル』シリーズで一躍名をはせたアジア系女優だ。日本でも少なからず彼女について知っているという人もいるだろう。

今作でメガホンをとるデヴィッド・F・サンドバーグ監督もコラ画像とともに、ルーシー・リューの出演をお祝いしている。

彼女は『シャザム!』続編にてヴィラン役を演じると伝えられており、詳しいキャラクター名については明らかにされていない。メインヴィランになるかどうかもわかってはいないが、過去の情報を見るに複数人のヴィランが登場してくることは察しがつくだろう。
レイチェルゼグラーや、ヘレン・ミランもヘスペラというヴィラン役で出演することがわかっているため、シャザムファミリーたちとどのようなバトルを繰り広げるのかも楽しみである。

今作には引き続きザッカリー・リーヴァイが主演し、アッシャー・エンジェルもシャザムの変身前であるビリー・バットソンを演じる。そのほかにもほとんどのメインキャストが続投予定である。

ライバルキャラクターである『ブラックアダム』の撮影も間もなく開始されるところから、いよいよDC映画も本格再始動となりそうだ。
今後の情報にも十分に注目しておこう。

『シャザム!:フューリー・オブ・ザ・ゴッズ』は2023年6月2日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする