ドラマ『ロード・オブ・ザ・リング 力の指輪』の最新予告編が公開-映画の前史が描かれる最新作

この記事を書いた人

さくし

さくし

YouTubeフィギュアレビューなどを上げています/ラジオ ゆとぴのヒーロー界隈談義 サブMC/映画、特撮、デジモン、ヒロアカが好き

Twitter:@sekisakudigimon

Youtube:HuruSaku Channel

いつもご覧いただきありがとうございます。さくし(@sekisakudigimon)です。

Amazon Prime Videoで2022年9月2日から配信予定の最新ドラマ『ロード・オブ・ザ・リング 力の指輪』のティザー予告第2弾が公開された。

プライムデーに合わせて公開された今予告編は、出来たばかりのアルダの世界で生活するドワーフやエルフ、人間たちの様子をダイナミックな映像で確認することができる。以前よりもハッキリと確認することができる広大な世界の映像は必見だ。

トールキンの伝説的なキャラクターであるヌーメノール王国の人々が初めて登場し、このシリーズの魅力を深く伝えてくれる。
登場するのは若者イシルドゥル(マキシム・バルドリー)、船長のエレンディル(ロイド・オーウェン)、摂政女王の顧問官ファラゾーン(トリステン・グラベル)、摂政女王ミーリエル(シンシア・アダイ=ロビンソン)だ。

またティザー予告では、エルフの王国であるリンドンとエレギオン、ドワーフの王国カザド=ドゥーム、サウスランド、最北の荒野、サンダーシー、島国ヌーメノール王国など、シリーズ8話を通じて視聴者が目にするであろういくつかの王国も紹介されている。

もちろん主要キャストたちも登場!
高名なエルフ戦士で指揮官のガラドリエル(モーフィッド・クラーク)、高い志を持つエルフの若き高官エルロンド(ロバート・アラマヨ)、エルフの上級王ギル=ガラド(ベンジャミン・ウォーカー)、ハーフット族のマリゴールド・ブランディフット(サラ・ズワンゴバニ)、そしてシルヴァン・エルフの戦士アロンディル(イスマエル・クルス・コルドヴァ)などが名を連ねている。

『ロード・オブ・ザ・リング 力の指輪』は、指輪物語を原作とした『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』シリーズ以前の時代、J・R・R・トールキンの伝説的な<第二紀>の世界を舞台にしたドラマシリーズ。
パトリック・マッケイによる今年の9月2日(金)から始まるこの作品が全く新しい伝説となる。

EW(Entertainment Weekly)には新たな画像も公開されている。

2022年2月に公開された最初のティザー予告は24時間で2億5千700万再生という驚異の視聴数となったが、さらに魅力的な今回の第2弾ティザー予告をご覧になるとますます9月2日(金)の配信開始が待ちきれなくなることだろう!

ドラマとは思えない広大な世界観、美しい映像で新たに描かれる映画以前の歴史、公開が待ちきれない。

『ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪』は2022年9月2日(金)よりPrime Videoにて独占配信予定だ。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。