『ロキ』にTVAのロボット兵士・ミニットマン登場の情報 - ロキは平行世界に干渉?

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

マーベル・スタジオが製作しているスピンオフドラマ『ロキ』。トム・ヒドルストン主演で初めてロキを主人公にした作品として注目を集めている。

現在は撮影が中断されている状況だが、今作では映画に先駆けてマルチバース物を扱うことが予想され、その一つとして平行世界を監視する組織であるTVAの登場も示唆されている。

そんなTVAが登場するという情報をさらに裏付けるニュースが入ってきた!

ロキはミニットマンに拘束されるのか?

海外メディアのMurphy’s Multiverseは、スピンオフドラマ『ロキ』にTVAのロボット兵士であるミニットマンが登場する可能性があると伝えている。

Marvel Studios ‘LOKI’ Confirmed to Feature the TVA’s Minutemen

ミニットマンはコミックに登場したTVAが平行世界の干渉を監視するために使用するロボットの装甲隊。平行世界やタイムラインに干渉するものを拘束する任務を追っている。

おそらくドラマでは『アベンジャーズ/エンドゲーム』で、2012年でスペースストーンを使って逃亡したロキが平行世界への干渉を試みたために、彼らに拘束されると予想される。

予告ではロキがTVAのロゴのついた囚人服のような格好もしており、今回の情報でさらにTVAの存在の信憑性が高まった。

今作はすでにいくつかの撮影現場を目撃されており、そこにはロキのよかにもソフィア・ディ・マルティノーが演じる謎のキャラクターが写し出されている。

キャラ名の詳細は判明していないものの、大方の予想ではレディ・ロキではないかと考えられている。マルチバースを扱う作品ならば性別の異なる別のロキが登場しても何ら不思議ではない。

そのほか今後MCUシリーズにとっても強敵となりうる征服者カーンの登場も噂されており、『ロキ』は思っている以上に重要度の高い作品になると思われる。

果たして『ロキ』ではどのようにマルチバースという概念を扱っていくのか?今後の情報に注目だ。今作は2021年春頃にディズニー+で独占配信予定。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です