『ロキ』は2021年初頭に配信開始! - 新たなキャストには『スターウォーズ』出演俳優の名も

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

マーベル・スタジオが現在製作しているドラマシリーズの『ロキ』は、MCUシリーズの中でも大規模にマルチバースを扱う作品として注目を集めている。
先日目撃された撮影現場ではソフィア・ディ・マルティノーが演じると思しきキャラクターの姿も確認されていた。

そんな『ロキ』の配信開始時期がウォルト・ディズニー社の株主総会の場で明らかになった。

当初の予定よりも前倒し

ウォルト・ディズニー社の元CEOであるボブ・アイガー氏は、同社の株主総会の場で、『ロキ』が2021年初頭にDisney+ (ディズニープラス)で配信予定であることを明かした。

Marvel’s Loki Disney+ Series Confirmed for Early 2021

今作の情報解禁当初は2021年春ごろといわれていため、幾分か早まったとみられる。
同じくDisney+ (ディズニープラス)で配信される『ワンダヴィジョン』も2021年配信から2020年末の配信に早まったことをみると、全体的に配信スケジュールが前倒し気味になっていると考えられる。

しかし昨今の新型コロナウイルスの影響もあり、まだまだ配信スケジュールが動く可能性がある。現に『ファルコン&ウィンターソルジャー』はプラハでの撮影を中断したとの情報も入っているため、一部では2020年夏の配信が間に合わないのではないかともささやかれている。

ちなみに『ロキ』に出演する新たなキャストの名前も判明している。
『スターウォーズ:スカイウォーカーの夜明け』プライド将軍を演じたリチャード・E・グラントが出演するという情報が入ってきた。

Richard E. Grant Joins Disney+ ‘Loki’ Series (EXCLUSIVE)

役名については明かされていないが、一部のファンの間では彼が征服者カーンを演じるのではないかと予想されている。
カーンの登場は以前から噂されており、コミックでもマルチバースに関係の深いキャラクターであるため、登場の可能性は高そうだ。

まだまだ謎多き作品の『ロキ』。映画にはどのような影響をもたらすのだろうか?今後新たな情報が入り次第お知らせいたします。

関連記事を読む

コメントをする