『ロキ』出演のソフィア・ディ・マルティノー、女性版ロキ役を演じるとの報道される

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

アメリカでサービスが開始されたストリーミングサービスのディズニー+では、マーベル・スタジオ主導の下でMCUドラマが複数製作されます。
そんなドラマの中で最近新たな出演者の情報が判明したので、トム・ヒドルストン主演の『ロキ』

新しく女優のソフィア・ディ・マルティノーがドラマに出演することが伝えられていましたが、役柄については不明のままでした。

しかしソフィア・ディ・マルティノー演じる可能性のあるキャラクターがにわかに海外メディアで報じられ始めています。

女性版ロキがMCUで誕生か?

海外メディアのDeadlineは、マーベルドラマ『ロキ』に出演するソフィア・ディ・マルティノーが、女性版ロキを演じる可能性があることを報じています。製作に非常に近い人物からの情報ということで信憑性も高いことを付け加えています。

New Marvel Studios Star Reportedly Playing Female Loki for Disney+ Series

もし事実ならば連続性を意識しながら、なるべく矛盾が出ないようにしているMCUシリーズに、どのように性転換したロキを登場させるのでしょうか?

コミックでの女性版ロキは、ダン・スコット氏とクリストス・ゲージ氏によって執筆され、コイ・ファム氏によってイラストが描かれた『マイティ・アベンジャーズ』に登場していました。ロキは女性に生まれ変わることで、スカーレットウィッチに変装し、ヒーローたちを操っていました。

ドラマに女性ロキが登場するばらば、コミックと同じ誕生を辿っていくのかはわかりません。

ただ『ロキ』自体は、平行世界が扱われると予想される映画『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』とも関係のある作品になることがわかっており、ひょっとすると平行世界に存在する女性ロキが、何らかの形で登場してくるのかもしれません。

アベンジャーズのインフィニティストーン奪取作戦によって既に時間軸が改変された後の世界を描く『ロキ』では、その可能性も十分にあり得そうですね。

果たしてソフィア・ディ・マルティノーは女性版ロキを演じることになるのでしょうか?今後の情報にも注目です。
ドラマ『ロキ』はディズニー+にて2021年春に米国にて配信予定です。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です