『ロキ』出演のキー・ホイ・クァンの役割が判明か ー TVA崩壊後に何が起こる?

【広告】

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれています。

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

2023年の配信ドラマとして注目度の高い、MCUシリーズのスピンオフドラマ『ロキ』シーズン2
衝撃的な終わりを迎えたシーズン1のその後を舞台にしており、本筋のMCU映画でもマルチバースが本格的に描かれ始めていることから、今回のシーズン2で起こる出来事にも注目を集めている。

そんな『ロキ』シーズン2に出演する俳優のキー・ホイ・クァンの役割について海外メディアの情報によると、彼はウロボロスというTVAの技術者を演じているとのことだ。
アカデミー賞候補である映画『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』にも出演している俳優なだけに、注目度は高くなりそうだ。

一部では重要な役割だともされているが、在り続ける者が死亡したあとの新しいTVAというだけに、以前のものとも勝手が違ってそうだ。

ちなみに今作には女優のケイト・ディッキーが出演すると言われており、彼女は元TVAエージェントで、在り続ける者亡きあとに作られた新しいタイムラインを破壊することが目的の邪悪な将軍を演じているとも伝えられている。そのために兵士を集めることも目的だとのことだ。

彼女がメインヴィランになるかは不明だが、マルチバースが誕生したことで以前よりもカオスになっていることは確実だろう。

マルチバース・サーガにおいて密かに重要な役割を担う『ロキ』シーズン2は2023年にDisney+ (ディズニープラス)で配信予定だ。

  • 【広告】

  • 【広告】