『ロキ』シーズン2&『エコー』の配信日が判明 ー いずれも年内に

【広告】

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれています。

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

マーベル・スタジオが贈る、Disney+ (ディズニープラス)のマーベルドラマ『ロキ』シーズン2が10月9日、『エコー』が11月29日より配信されることが公式に明らかになった。

『ロキ』シーズン2はご存知の通り、トム・ヒドルストンが主演の『ロキ』シリーズの第二弾。シーズン1のラストでは神聖時間軸を管理するTVAとそれを裏から操る在り続ける者を、ロキの変異体であるシルヴィが殺害したことで、マルチバースが解放されてしまい、TVAの施設内も変化し、さらにメビウスまでもがロキを知らない世界に飛ばされてしまってシーズンは幕を閉じていた。

シーズン2ではマルチバースが解放されたあとの物語となり、在り続ける者こと、征服者カーンの変異体に主に焦点が当てられることになるだろう。

マルチバース・サーガにおいても重要な作品なだけに、見逃せない内容になりそうだ。

『エコー』は『ホークアイ』に登場した、アラクア・コックス演じるマヤ・ロペス/エコーを主人公としたさらなるスピンオフドラマ。
聴覚障害を持ちながらも、類まれなる戦闘技術を持つエコーに焦点を当てており、『ホークアイ』で描かれたキングピンとの因縁がさらに掘り下げられると予想される。

また今作は2024年に配信される『デアデビル:ボーン・アゲイン』にもつながる、実質的な前日譚とされており、デアデビルも登場するとウワサされている。

2023年は6月の『シークレット・インベージョン』を含めて3つのドラマが配信されることなった。
映画を含めるとMCUは全6作品の展開となり、以降はスタジオの方針によって作品の展開スケジュールもゆるやかになっていくことが予想される。

マーベルドラマ最新作『ロキ』シーズン2は10月6日、『エコー』は11月29日よりDisney+ (ディズニープラス)で配信予定だ。

  • 【広告】

  • 【広告】