ロキやスカートウィッチのドラマ化実現か?ディズニー独自配信サービスにて計画中との報道

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

MCUシリーズ最新作『キャプテンマーベル』の予告編が公開され、勢いづいているマーベルと親会社のディズニーが新たなに作品の計画をしていると海外メディアで報じられています!

独自ストリーミングサービスでドラマを製作か?

マーベルの親会社であるディズニー社は、2019年にNetflixやAmazonに対抗するため、自社の作品を配信する独自ストリーミングサービスを立ち上げる予定です。

そんなサービス内で、ディズニーがMCUシリーズのキャラクターのスピンオフドラマを計画していると、海外メディアのVarietyが報じています。

Loki, Scarlet Witch, Other Marvel Heroes to Get Own TV Series on Disney Streaming Service (EXCLUSIVE)

※ディズニーとマーベル、どちらからも正式発表されたものではありませんので、ご注意ください。

まだ初期段階であり、計画が本決まりというわけではないようですが、ディズニーは新たなサービスで競合他社に対抗するためにMCUドラマを計画しているとしています。

そのキャラクターの筆頭に挙げれているのが『マイティ・ソー』シリーズでおなじみのロキや、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』から登場したスカーレット・ウィッチです。
その他にも複数のキャラクターの候補に挙げられているとのことです。

また製作サイドに近い人間の情報によると、このドラマ製作費がかさむことが予想されているようで、ドラマ1本で映画1本分に匹敵するともいわれています。
エピソード数としては6~8話のミニシリーズになるとしています。

もし実現すれば、映画からドラマ作品へと移ったのは『エージェント・オブ・シールド』のコールソン以来となります。
そしてMCUシリーズのドラマはTV、Netflix、Hulu、そしてディズニーのサービスと媒体の数も4つ目となります。

これらをすべて追っていくのは大変ではありますが、人気キャラクターのスピンオフとなれば見ないわけにはいきませんね。

数か月前にディズニーは20世紀FOXを買収したことにより、『X-MEN』や『ファンタスティックフォー』の映像化権を買い戻しています。ディズニーは今後これらの作品の製作も予想され、ストリーミングサービスでの展開も大いに考えられます。

今後もMCUスピンオフドラマに関する情報が入りましたらお知らせいたします!

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!