『ロキ』第1話にてあのキャラらしき人物が目撃? ー TVAに連行される

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

※この記事には『ロキ』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

第1話から高評価を得ているDisney+ (ディズニープラス)のマーベルドラマ『ロキ』
TVAと呼ばれる時間軸を監視する組織に連行された2012年のロキは、正史とは異なる道をたどっていくことになるが、この第1話にて意外なキャラが目撃されたとにわかに話題になっている。

※この記事には『ロキ』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

そのシーンはロキがTVAの個室から逃げ出した際に映った、TVA職員に連行されたと思われる女性の姿が注目されている。

この女性のビジュアルがヘイリー・アトウェル演じるペギー・カーターにそっくりなのだ。粗い映像ながらも髪型や顔つきに彼女の雰囲気を感じ取ることができる。ペギーではない全くの別人の可能性もあるが、非常に気になるシーンでもあった。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』を振り返ると、彼女は結ばれることのなかったスティーブ・ロジャースとダンスをして恋人同士になったというロマンチックなラストが描かれていた。

そのことがTVAが定める神聖時間軸を犯した可能性があり、ペギーは彼らに連行されたと推測されている。
ならばスティーブ・ロジャースも連行されないとおかしいと思えるが、神聖時間軸の定義が視聴者からは曖昧で、そのあたりの判断軸は不明だ。

ロキとペギーという意外な組み合わせを見てみたい気持ちもあるが、おそらくこの女性がペギーだとしても、物語に深く関わってくることは無いだろう。

ちなみに『ロキ』の脚本家は今作において予想外のキャラクターの登場を示唆していた。確かにペギーも予想外ではあるが、果たして誰のことを示しているのだろうか?

気になることだらけの『ロキ』はDisney+ (ディズニープラス)で毎週水曜日に最新話が配信中だ。

関連記事を読む

コメントをする