『ロキ』、ミュージックを担当する人物からあるキャラの登場が示唆? ー ハッシュタグから話題に

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

6月にDisney+ (ディズニープラス)で配信が控えているマーベルオリジナルドラマの『ロキ』。今作はトム・ヒドルストンが演じるロキを主人公としたドラマとなっており、『アベンジャーズ/エンドゲーム』にて分岐した世界線での活躍を描くとされているため、MCUシリーズとしても本格的なマルチバースものとして描かれることとなっている。

そんな中で今作の音楽を担当する人物から、あるキャラクターの登場が示唆されていることで話題を呼んでいる。

レディ・ロキの登場を示唆?

マーベルドラマ『ロキ』の音楽の製作にかかわっているミュージシャンのタズ・テイラー氏と作曲家のナタリー・ホルト氏の最近のSNSの投稿が話題になっていることを、海外メディアのマーフィーズ・マルチバースが報じている。

‘LOKI’ SCORE TITLES TEASE LADY LOKI, TENSE TONE OF THE UPCOMING SERIES

2名の参加自体はそこまで大きなニュースではないのだが、タズ・テイラー氏のインスタグラムには『ロキ』に関わるハッシュタグとともに製作に参加できた嬉しい思いを共有しているのだ。

ハッシュタグには「#LadyLoki」の文字が確認されている。これがどういった意図でつけられているものかはわからっていないが、単純に考えればドラマにレディ・ロキが登場することが示唆されていると思われる。

レディ・ロキについては以前からも登場が噂されており、演じるのはソフィア・ディ・マルティノーともいわれている。

マルチバースものとなるドラマの特徴を考えればレディ・ロキの登場自体は何ら不思議なことではないだろう。

果たして今作に複数のロキが存在するストーリーが描かれることとなるのだろうか?今後の情報には十分注目しておこう。

『ロキ』はDisney+ (ディズニープラス)で6月11日より独占配信予定だ。

関連記事を読む

コメントをする