全ファンにプレイして欲しい”追体験を超えた”ゲーム体験-『レゴ®スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』ゲーム感想レビュー!

この記事を書いた人

さくし

さくし

YouTubeフィギュアレビューなどを上げています/ラジオ ゆとぴのヒーロー界隈談義 サブMC/映画、特撮、デジモン、ヒロアカが好き

Twitter:@sekisakudigimon

Youtube:HuruSaku Channel

いつもご覧いただきありがとうございます。さくし(@sekisakudigimon)です。

2022年4月5日にニンテンドーswitchソフトとして発売された『レゴ®スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』

今回はSEGA様から提供をいただいたので、実際のプレイ画面を交えながら『レゴ®スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』に関しての感想レビューをしていきます!

【PR】

今回は株式会社SEGA様からのサンプルをレビューさせていただきました。ありがとうございます!

『レゴ®スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』とは

レゴ® スター・ウォーズ™:スカイウォーカー・サーガで銀河を手中に。映画スター・ウォーズの9つのエピソードが楽しめる、レゴだけの新しいビデオゲームです。充実した冒険、風変わりなユーモア、そしてスター・ウォーズの世界に好きなだけ没頭できる、かつてない自由さを体験しましょう。(公式サイトより)

価格は通常版でパッケージ、ダウンロード版どちらも6,380円(税込)

『レゴ®スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』 ゲームプレイ

今作のストーリーは1本道ではない。全9作品、サーガの1作目である3つのエピソードが初めから解放されている。その中から好きなサーガを選んだり、同時進行でストーリーを進めることができる。

ゲームを起動すると、様々な名シーンにレゴ特有のゆるい笑いを混ぜたムービーが始まる。
まず驚くのはそのムービーの完成度の高さだ。以前レビューしたアベンジャーズのレゴゲームの質感も素晴らしかったが、今作はより一層美しいCG映像で名シーンが再現されている。レゴらしさも残しつつ、実写シーンの落とし込みを違和感なく再現していた。

ご覧の通り、ベストバウトの数々がレゴのキャラクターで再現されている。

好きなエピソードを選択しゲームをスタートすると、おなじみのオープニングと共にメインテーマが流れる。さすがの公式ゲーム、曲も映像も本家そのままだ。
いちファンの筆者もこの段階でこのゲームに心を奪われてしまった。

!?

完全な再現に驚かされた矢先、まるでパクリ商品のようなカラーのR2-D2?たちが映し出される。その直後、彼らは瓦礫に飲まれ、本物のR2-D2たちに切り替わる。
全力で再現し、そのうえでレゴらしさを入れてくるというこのゲームについて開始1分でわかる作りになっていた。

ムービーが終わると、帝国軍から逃げるレイア姫と反乱軍の1人を操作できるようになる。レゴ系ゲームの良さである『プレアブルキャラ』の多さは今作も健在だ。

ゲームを進めていくと映画通りにあのダース・ベイダーが登場するはずだったのだが、レゴのダース・ベイダーは少しおっちょこちょいのようだ。

しかしその後はしっかりかっこよく登場。

フォースを使いレイア姫を追い詰めていく。

レゴならではのステージギミックは、レゴを組み立てたり、ギミックを使用したりしながら乗り越よう。進めていくと映画通り(少々雑だが)R2に設計図を託す。

その後はC-3POとR2-D2が操作可能に。二人の力を合わせて船からの脱出を試みる。意外とフィジカルも強いので難易度はそれほど高くない。

脱出ポッドはなぜか洗濯機。これでタトゥイーンに到着する。知っているはずのストーリーなのに新鮮な気持ちになれる。

エピソード1を選択すると初めからオビ=ワンとクワイ=ガンを使用可能、戦闘機やライトセーバー、フォースを使用した戦闘が楽しめる。

選ぶエピソードによって操作性はかなり変わるので違うゲームのように楽しむことができる。

自らの手で進めていくちょっと変わったスター・ウォーズの壮大な世界。この先はぜひ自身の目で確かめてほしい。

『レゴ®スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』を実際にプレイしてみた感想

今作をプレイしてまず驚かされたのが『世界観へのこだわり』だ。すぐに映画のストーリーと、レゴの世界観に入り込めるような工夫が絶妙な塩梅で練りこまれていた。その中でも特に驚かされたのは2つだ。

▽ストレスのない操作、手軽に楽しめるフォースの世界

以前プレイした『LEGO®マーベル スーパー・ヒーローズ ザ・ゲーム』は、上からの見下ろし視点でキャラを操作していた。それもかなりいい操作性だったのだが、今回はTPS(サードパーソン・シューティング)になっている。これがゲーム体験にかなりいい影響を及ぼしていた。

もちろん好みの差はあるだろうが、フォースをTPS視点で操作することで、物を投げたり、ライトセーバーで飛び回ったりといった動作の臨場感がかなり高く仕上がっていた。

▽スター・ウォーズとレゴを好きなオタクが作ったゲーム観

今作はギャグ要素もいつも通り多数取り入れられている。しかし、いくらふざけていてもなぜか『スター・ウォーズ』の世界観から離れないように、非常に丁寧に作りこまれていた。そのおかげで完成度の高い『レゴのスター・ウォーズ』を楽しむことができる。映画のあのシーンはどうなるのか、このかっこいいシーンはそのままかっこいい!といった、『ファンが作ったファンのためのゲーム』であった。こんな完成度の高い映画原作のゲームは、この先しばらく出会えないのではないか、と思ったほどだ。

まとめ

『レゴ®スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』はまずゲームとしておすすめだ。様々なswitchのソフトをプレイしてきたが、間違いなく5本の指に入る満足度だった。スター・ウォーズの世界観を楽しみたい時は映画を見直すだけだったが、これからはこのゲームをプレイすることで入り込むことができる。新たな作品の振り返りの選択肢としても素晴らしいクオリティだと感じた。ぜひともプレイしてみてほしい。

ゲームはNintendo Switch向けにダウンロード版、パッケージ版共に発売中だ。



関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。