ジェイミー・アレクサンダー、シフ役として再びMCUに継続出演を宣言 ー 「ここにとどまります」

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

※この記事には『ロキ』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

『マイティ・ソー』シリーズは現在製作されている『ソー ラブ&サンダー』やドラマ『ロキ』の展開によって今まで以上に世界観の拡大を見せている最中となっており、新キャラクター以外にもかつてのメインキャラたちの帰還も目立ってきている。

そんな中でシフを演じているジェイミー・アレクサンダーも今後のMCU出演についてコメントをしてくれた。

※この記事には『ロキ』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

4作目にも登場か?

レディ・シフを演じるジェイミー・アレクサンダーは自身のインスタグラムのストーリーを『ロキ』第4話での出演後に共有。今後のMCU出演についても意味深コメントをした。

Loki Star Jaimie Alexander Teases Lady Sif’s Role in Thor: Love and Thunder

彼女は戻ってきました。そして彼女はここにとどまります

ジェイミー・アレクサンダーは『ロキ』第4話にて、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』以来の再登場を果たし、過去の姿ながらも新しいシフを観ることができた。かねてから噂されていたものが事実であったことも確認された瞬間だった。

今回の「とどまる」発言から『ロキ』以外の作品にもレディ・シフとして出演している作品を示唆していることも確かだろう。その筆頭に挙げられるのは『ソー ラブ&サンダー』だ。今作はMCU単独映画としては異例の4作目となり、前作『マイティ・ソー/バトルロイヤル』にて登場することができなかったシフの復活の場としては最適だろう。

もちろんシフはドラマ『エージェント・オブ・シールド』にも登場したことがあるため、ほかのMCU作品にサプライズで加わる可能性も十分にあるだろう。

いずれにしてレディ・シフの活躍が観れるのは楽しみである。
『ロキ』はDisney+ (ディズニープラス)で独占配信中、『ソー ラブ&サンダー』は2022年2月11日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする