レディ・シフ役女優、『ソー ラブ&サンダー』の撮影に参加へ - 『ダークワールド』以来の参戦

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

海外メディアなどからの情報で、おそらく撮影が開始されているMCUシリーズ最新作『ソー ラブ&サンダー』
撮影が行われているオーストラリアではあるシーンで使用される撮影セットも目撃されていた。

そんな今作に久々の出演となる女優の最近の動きが報じられている。

レディ・シフ再登場はほぼ確実か

『マイティ・ソー』と『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』でレディ・シフを演じた女優のジェイミー・アレキサンダーは自身のインスタグラムにて、オーストラリアのシドニーに向かっていることを報告している。

これはおそらく『ソー ラブ&サンダー』のための移動と考えられ、このあとは新型コロナウイルスの感染対策のため14日間の隔離措置が行われると予想される。

以前からもレディ・シフが再登場することは伝えられており、彼女の動きを見ればそれがほぼ事実だったことを物語っている。
ちなみに前作『マイティ・ソー/バトルロイヤル』に出演しなかったのは、別作品の撮影スケジュールとブッキングしてしまったからだった。そのため今作への出演は念願のシリーズ復帰となる。

またジェイミー・アレキサンダーはDisney+ (ディズニープラス)オリジナルドラマ『ロキ』の撮影にも参加したと伝えられており、先日にはアメリカのアトランタに向かっていたこともわかっている。

そのためこれらの情報がすべて事実ならば『ロキ』と『ソー ラブ&サンダー』の2作品でレディ・シフの活躍を見ることができる。1作飛ばした鬱憤を晴らしてくれるほどの活躍量に期待せざるを得ないだろう。

『ソー ラブ&サンダー』は2022年2月11日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする