クリステン・リッター、『ジェシカ・ジョーンズ』役復帰に意欲 ー 「いつでもやり直すつもり」

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

Netflixで展開されていたオリジナルドラマシリーズの『ジェシカ・ジョーンズ』はシーズン3まで製作され、当時は『デアデビル』や『パニッシャー』同様に演じるクリステン・リッターのはまり役っぷりが人気を博していた。

これらのドラマシリーズはウォルト・ディズニー社と傘下のマーベル・スタジオ、Netflixとの間の契約が終了したことで人気の有無にかかわらずに製作が終了してしまった。

一方ですでに製作終了のアナウンスから2年が経過しており、契約内容としてはもう一度マーベル・スタジオの元でこれらのキャラクターの新作を作ることが可能となっている。

この点についてジェシカ・ジョーンズを演じたクリステン・リッターは、もう一度同役を演じる準備ができていると話してくれた。

Jessica Jones’ Krysten Ritter Is Ready for a Marvel Comeback

私はいつでもやり直すつもりです。これは絶対的な夢でした。そして彼女を愛しています。私はキャラクターを愛しています。ジェシカが多くの人々と深くつながり、エキサイティングな方法で女性や女の子たちと共鳴してきたのが大好きでした。とても誇りに思います。象徴的なキャラクターを演じ続けなければなりません。』

現状では『ジェシカ・ジョーンズ』の新作についての公式からの情報は何もない。

一方で噂レベルではデアデビル役のチャーリー・コックス、パニッシャー役のジョン・バーンサルとともにクリステン・リッターもジェシカ役として再登板される可能性があると幾度か伝えられていた。
ただそれ以上の情報はないため、これが事実であったかは確認できていないのが現状だ。

デアデビルについては『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』に登場するといった憶測が長い間渦巻いているため、もしこれが実現すればジェシカやパニッシャーも再び戻るということは不可能ではないということの証明にもなってくれるだろう。

いずれにしてもすぐに彼らNetflixマーベルヒーローが戻ってくることはないと思われる。今後も新たな情報が入り次第お知らせしていく。

関連記事を読む

コメントをする