名作ドラマ『ナイトライダー』、リブート版映画が進行中 ー プロデューサーには『アクアマン』監督

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi )です。

80年代の大ヒットSFドラマ『ナイトライダー』に関する新しい情報が入ってきた。

海外メディアのDeadlineなどによると、『ナイトライダー』が新たにリブートされ、映画として公開することを計画しているとのことだ。

‘Knight Rider’ Feature In The Works From Spyglass Media & James Wan; TJ Fixman Scripting

製作にはスパイグラス・メディア・グループが携わっており、プロデューサーにはDC映画『アクアマン』のジェームズ・ワン監督が就任するという。ワン監督はマイケル・クリアとともに自身の製作会社を通じてプロデュースを進めていくとのこと。彼自身がメガホンをとるかはわかっていない。

また脚本にはTJフィックスマン、エグゼクティブプロデューサーにはジャドソン・スコットが就任する予定。すでに脚本は執筆作業中だ。

ドラマ『ナイトライダー』はデヴィッド・ハッセルホフフ演じる私立探偵の調査員マイケル・ナイトが、高性能の人工知能を搭載したドリーム・カー ナイト2000を相棒として様々な事件を解決していくカーアクションドラマ。

現代でもファンの多い作品で、ナイト2000は漆黒のボディに妖しく光るのレッドのLED、そして近未来的なデザインによって、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアンに次ぐ人気を誇るSFカーでもある。

映画版では当時の反体制的なトーンを現代風にアレンジした作風になるとされている。

ジェームズ・ワン監督は『ワイルド・スピード SKY MISSION』の製作も務めており、カーアクションものは得意分野といえるでしょう。
果たして現代風にアレンジされた『ナイトライダー』はどのような作品として生まれ変わるのだろうか?今後の情報に注目だ。

関連記事を読む

コメントをする