『ゼンカイジャー』、主演には駒木根葵汰!主題歌はつるの剛士に! - 声優も判明

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi )です。

スーパー戦隊の記念すべき45作目『機界戦隊ゼンカイジャー』の予告編が公開!
加えて記者発表会にて主要キャストと主題歌担当アーティストが判明した!

主人公のゼンカイザー/五色田介人を演じるのは駒木根葵汰(こまぎねきいた)。20歳の新人俳優だ。『太陽とオオカミくんには騙されない』や『ジオラマボーイ・パノラマガール』に出演した経験がある。
今作には歴代最年長のヒロイン(?)で介人の祖母ヤツデ役には、レジェンドアイドルの榊原郁恵が演じる。

そしてゼンカイジャーを構成する4体のロボの声優も判明!
赤いロボのゼンカイジュラン:ジュラン役には浅沼晋太郎、黄色いロボのゼンカイガオーン:ガオーンには梶裕貴、ピンクのロボのゼンカイマジーヌ:マジーヌには宮本侑芽、そして青いロボのゼンカイブルーン:ブルーンには佐藤拓也が演じる。
それぞれのロボは過去のスーパー戦隊のロボがモチーフとなっている。

『機界戦隊ゼンカイジャー』では、機械生命体の世界「キカイトピア」の悪の王朝「トジテンド」は並行世界をトジルギアによって次々と閉じ込めていった。しかし我々の世界だけは閉じることができずにキカイトピアと融合。閉じることを断念したトジデントは侵略を開始するといった世界観となっている。

主人公の五色田介人は両親が残した銃と、スーパー戦隊の力が凝縮されたセンタイギアを使って、4体のキカイノイドとともにトジテンドに挑んでいく。

主題歌には『ウルトラマンダイナ』を演じた経験もある特撮出身者のつるの剛士。また劇中BGMには伝説的な作曲家の渡辺宙明が担当する。

『機界戦隊ゼンカイジャー』は2021年3月7日に放送スタート。そして先んじて『機界戦隊ゼンカイジャー THE MOVIE(仮)』が、『スーパー戦隊MOVIEレンジャー2021』と題し、『魔進戦隊キラメイジャー THE MOVIE(仮)』『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE(仮)』とともに②月20日に全国ロードショー予定だ。

関連記事を読む

コメントをする