カレン・ギラン、『GotG:Vol.3』の脚本を大絶賛 ー 「ガン監督の作品で最強の内容」

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

完結編の製作が年内に迫っている映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』。待望の新作となっており、同時にガーディアンズたちの物語の区切りとなっている作品ではあるが、今作の脚本についてネビュラ役のカレン・ギランが絶賛するコメントを寄せている。

3作品の中で一番クール

海外メディアのインタビューに答えたネビュラ役のカレン・ギランは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』の脚本を読んだことを明かし、その感想を共有した。

Karen Gillan on Reading the Script for ‘Guardians of the Galaxy Vol. 3’: “There Was Full Tears”

『マンティスを演じているポム・クレメンティフと一緒に台本を読みました。脚本を読んで私たちは泣いたり笑ったりして、涙を流しました。脚本はジェームズ・ガン監督の作品のなかでも最強のものです。素晴らしく、感情的で、面白くて、皆さんが望むものすべてがあります。』

まさにべた褒めのコメントをしたカレン・ギラン。ともに脚本を読んだポム・クレメンティフも思わず涙してしまった内容であるとのことだ。

ファンの間では前2作品ではメインキャラの誰かが犠牲になっているストーリーになっていたため、3作目でも重要なキャラが命を落としてしまうのではないかと推測している。ちなみに1作目はグルート、2作目はヨンドゥとどれも感動的な別れを描いていた。

『アベンジャーズ/インフィニティウォー』ではガモーラがサノスによって崖から落とされてしまっているが、そのストーリーをどのように扱っていくのかもきになるポイントではある。

脚本は数年前に完成しているが、ジェームズ・ガン監督のディズニー社解雇騒動によって長い間眠りについていた。本来は2020年に公開を予定していた映画も現在は2023年5月5日に全米公開を控えている。
また映画公開前には『ソー ラブ&サンダー』にもガーディアンズのメンバーが登場予定だ。

関連記事を読む

コメントをする