『仮面ライダービルド』第7話予告!ついに北都へ!ロケットパンダも登場!

   

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

10月15日放送の『仮面ライダービルド』第7話の予告編とあらすじが公開されました!

 戦兎(犬飼貴丈)に葛城(木山廉彬)殺害容疑が浮上、葛城殺害犯として追われる龍我(赤楚衛二)は「お前がやったんだろ!」と戦兎に激しく詰め寄る。とはいえ、戦兎には当時の記憶がまったくない。対立する2人は石動(前川泰之)の提案で、戦兎と葛城に接点がなかったか調べることに。

 葛城がやってはならない実験を行い、東都先端物質学研究所を解雇されていたことがわかった。葛城が「悪魔の科学者」と呼ばれる所以となった実験とは!?

 葛城がその研究データを実の母親に預けたらしいこともわかった。データを見れば殺人事件の真相に迫れるかもしれない。戦兎は龍我とともに葛城の母が暮らす北都へと潜入を試みるが…。

第6話のラストでは立弥の口から佐藤太郎=桐生戦兎が、龍我よりも前に葛城の家に向かっていたことが判明。一転して戦兎にも葛城殺害疑惑が上がってきましたね。

戦兎と龍我と葛城

7話では葛城の過去を追って龍我と共に北都へ潜入するというストーリー。
葛城は生前マッドサイエンティストととして活動していたらしく、治験バイトと称して何か怪しげな実験をしていたのでしょうね。

それにバイトとして応募したのが佐藤太郎。その後なにかに巻き込まれ記憶を失った。

6話では戦兎と龍我も人間をスマッシュへの変えるための人体実験の被験者だということも判明しました。そこではスカイウォールから噴出している「ネビュラガス」を注入されていることもわかっています。

普通の人間ならそのままスマッシュへと変化してしまうらしいですが、なぜか2人は人間の姿のままだった模様。
逆に戦兎はそのおかげでビルドに変身ができるそうです。

でも同じうように実験を受けていた龍我がビルドに変身できないのは謎。その理屈ならビルドへ変身できてもおかしくないのに・・・。

氷室幻徳=ナイトローグなのか?

そして東都政府の氷室幻徳がブラッドスタークと関係があることがわかりました。
「やっぱりな」という感想ですw

氷室幻徳=ナイトローグなのかな?予告では幻徳がトランスチームガンを持っているシーンも登場しています。

ミスリードの可能性もありますが、1クールのうちに2人の怪人の正体が判明していほしいところ。
個人的には幻徳の秘書の内海成彰も何か関係している気もしますがw

ブラッドスタークが個人的には一番の謎ですねw

今のところ登場人物のなかでは達観者なポジションですし、何か重要なキャラクターな気がします。

ぶっ飛びモノトーン!ロケットパンダ登場!

また7話の注目すべき点は仮面ライダービルドの新ベストマッチである「ロケットパンダ」の登場!
ロケットフルボトルとパンダフルボトルを使用して変身する新フォーム。


どちらのフルボトルもまだ一度も使われていないので能力なども気になりますね!

右腕はパンダの大きな熊手、左腕はロケットという既視感満載の要素が詰め込まれていますねw
どんな活躍をするのか楽しみです!

オススメ記事

小ネタはツイートでお知らせ中!

あわせて読みたい


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です