『ジオウ』龍騎編がスタート!城戸真司役に須賀貴匡、編集長役に津田寛治が出演!

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

2019年になり『仮面ライダージオウ』は未来ライダー編に突入、新ライダーとして仮面ライダーウォズが登場して多くの話題を呼びました。そして未来ライダー編後に放送されるストーリーの情報が新たに公開されました!


『仮面ライダージオウ』龍騎編が放送決定!そして城戸真司役に須賀貴匡さん、OREジャーナルの編集長である大久保大介役の津田寛治さんが出演決定!なんと放送当時の2002年から約16年ぶりの再演です!
まさかオリジナルキャストに朝から沸きまくりの特撮ファンたち!これはテンションが上がらないわけがないです!!

ちなみに須賀貴匡さんは、公開中の映画『平成ジェネレーションズFOREVER』で仮面ライダー龍騎の声として出演もしています。まさかジオウ本編への登場になるとは思いもしなかったですね!!

そして津田寛治さんの出演も予想外すぎる!本編では特にライダーバトルに参戦したわけではありませんが、ジオウでどのような活躍をしてくれるのかも注目したいところ!

龍騎編にはほかにもアナザーライダーとしてアナザー龍騎、、、ではなくアナザーリュウガが登場します!


仮面ライダーリュウガはテレビ本編に登場したライダーではなく、劇場版『仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL』やテレビスペシャルの『仮面ライダー龍騎スペシャル 13RIDERS』登場したダークライダー。鏡の中のもうひとりの真司が変身します。

果たしてアナザーリュウガには誰が変身しているのか?そしてアナザー龍騎がいないならば、真司は龍騎に変身することができるのかな?気になるポイントが多すぎる!!

『仮面ライダージオウ』龍騎編は、2月3日、10日に放送予定です!


シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!