『仮面ライダーリバイス』が9月5日より放送スタート!ー 悪魔と契約で”1人で2人”のライダーに!

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi )です。

2021年から放送をスタートする令和仮面ライダーシリーズ第3弾の情報がついに公式解禁された!

仮面ライダー生誕50周年となる記念作品は『仮面ライダーリバイス』!ビジュアルポスターには2人の仮面ライダーが映っている今までにもない特殊なライダーであることがうかがえる。
ロゴデザインには50の文字もあり、記念作品であることも表されている。

『仮面ライダーリバイス』は、悪魔と契約する仮面ライダー敵組織には悪魔崇拝をするデッドマンズと呼ばれるものたちで、バイスタンプというアイテムによって人々のうちなる悪魔を実体化させ、デッドマンと呼ばれる怪物を生み出している。

そんなデッドマンズと対峙するのは五十嵐一輝。彼の内にも悪魔であるバイスが眠っているが、一輝はバイスと契約することで仮面ライダーリバイに変身!また悪魔のバイスも仮面ライダーバイスに変身する。まさに1人で2人の仮面ライダーという今までにない設定の新ライダーとなっているぞ。

「悪魔と契約」や「1人で2人」というワードから彷彿とするのは、2人で1人の『仮面ライダーW』であろう。また悪魔という敵側の力を持ったキャラクターとコンビを組むのは『仮面ライダーOOO』の映司とアンクの関係にも非常に近いようにも感じる。

今作で主人公の五十嵐一輝/仮面ライダーリバイを演じるのはLDH所属の前田拳太郎さん。LDHからは『仮面ライダーエグゼイド』の九条貴利矢/仮面ライダーレーザーを演じた小野塚勇人さんも仮面ライダーシリーズに参加していた。

また悪魔のバイス/仮面ライダーバイスを演じるのは声優の木村昴さん。『ドラえもん』のジャイアン役や最近ではラッパーとしても知名度を上げている人気声優だ。

このほかに一輝の弟である大二役に日向亘さん、一輝の妹であるさくら役には井本彩花さん、ライダーシステムを作り出したジョージ・狩崎役には濱尾ノリタカさん、敵組織デッドマンズの幹部オルテカ役には関隼汰さんが出演する。

『仮面ライダーリバイス』の製作発表は7月27日午後12時より行われ、そこでは主題歌を担当するアーティストも発表される予定だ。

またメイン監督には『仮面ライダーセイバー』の柴崎貴行さん、脚本には「家族ごっご」の木下半太さんが担当する。

令和3号ライダーで、仮面ライダー生誕50周年記念作品『仮面ライダーリバイス』は2021年9月5日朝9時より放送開始予定!

関連記事を読む

コメントをする