新番組『仮面ライダーギーツ』が9/4放送開始!! ー 脚本・高橋悠也で生き残りゲームを描く

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

令和ライダー第4作『仮面ライダーギーツ』の情報がついに解禁された!

新たな仮面ライダーは出自も目的も不明な謎の組織「ジャマト」の脅威から街の平和を守るためのゲーム「デザイアグランプリ」というものが描かれ、ゲームの参加者たちは仮面ライダーに変身し、敵を倒したり、街の人々を救ったりなどをすることで得れるスコアを競い合っていくことになる。

そして最後に勝ち残ったものは理想の世界にを叶える権利を得ることで、自らが願った世界を実現することができる。

今作の脚本は『仮面ライダーエグゼイド』『仮面ライダーゼロワン』を手掛けた高橋悠也氏。
オンラインゲームの『フォートナイト』や『Apex』などが流行る現在で、予測不能な物語を展開していくぞ。

主人公の仮面ライダーギーツに変身するのは謎の青年である浮世英寿(うきよ えーす)
決め台詞には「最後に勝つのは俺だ」というものを持つ天才肌ではあるがなにものなのかはわかっていない。

仮面ライダーギーツは黒のアンダースーツをベースにして、ホワイトのアーマーを装着し、どこかキツネのようなデザインが特徴的な近未来感もあふれるデザインとなっている。手にはホワイトとブラックの銃型武器を手にしており、どういった能力を持つライダーなのか注目だ。

ポスタービジュアルの背景には変身ベルトの看板のようなものや、「DGP」と書かれたものなど世界観も気になるものとなっているぞ。

ゲームというところから『エグゼイド』、ライダー同士で願いを叶えるために生き残りバトルをするところは『仮面ライダー龍騎』を彷彿とさせ、さらにギーツのビジュアルも仮面ライダーファイズを思い起こすような姿になっていおり、往年のライダーファンも楽しめる作品になりそうだ。

さらに仮面ライダーギーツは劇場版『仮面ライダーリバイス バトル・ファミリア』にも先行登場するため、いち早く新ライダーの活躍を目にしておこう!

『仮面ライダーギーツ』は2022年9月4日より毎週日曜午前9時から放送開始!

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。