『仮面ライダー鎧武』、5年ぶりの新作が製作決定! - 9/16(ガイムの日)に情報解禁

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi )です。

本日2020年9月16日はごろ合わせで仮面ライダー鎧武(916)の日と名付けられた記念すべき日であるが(初耳)、公式から突然の嬉しい情報が入ってきました!

『仮面ライダー鎧武』の新作外伝が製作決定!!

『仮面ライダーデューク/仮面ライダーナックル』の製作から約5年の時を経て、まさかの新作に朝から特撮オタたちがどよめいていましたねぇ。
今のところ主人公が誰になるのかなどの詳細な情報は明かされていないが、東映特撮ヒーローネットにて独占配信を予定している。

『鎧武』といえば数年前にも舞台『仮面ライダー斬月』が上演され、仮面ライダーとしては初の舞台化も成し遂げている。
また『平成ジェネレーションズFINAL』や『仮面ライダージオウ』の鎧武回では主人公の葛葉 紘汰/仮面ライダー鎧武を演じる佐野岳さんも客演を果たすなど、終了してもなお人気の高さを表していた。

佐野岳さんの最近のツイッターでも意味深な投稿が相次いでいたため、おそらく新作にも同役として出演する可能性が高いでしょう。

主人公に関しては一部では、『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』にて板尾創路さんが演じた仮面ライダーフィフティーンが候補として挙がっている。
理由としては板尾創路さんの公式ツイッターのプロフィール画像が突然フィフティーンに切り替わったことが挙げられている。

他にもアーマードライダーは複数登場しているため、だれが主人公になるかは今から楽しみである。

今後の新作『鎧武外伝』の情報に注目しておこう!

関連記事を読む

コメントをする