”変身ギミック”が再現できる謎のフィギュアが登場!第1弾は仮面ライダー電王 ソードフォーム!

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi )です。

明日開催されるバンダイのイベント「魂ネイション」
そこでは新たなアイテムの展示の他にも、新コンセプトのフィギュアブランドの展示もされることがあります。去年はシームレスボディの展示もありました。(音沙汰無しですが・・・。)

そして今回発表されたのは、なんと”変身ギミック”が再現できる可動フィギュアというもの。
「なにそれ?」となる人もいると思うので、下記のリンクからご覧ください。

Tamashii Nations 2017: New Kamen Rider Den-O Sword Form Action Figure Revealed

日本発の情報なのに海外サイトというね。

リンク先には仮面ライダー電王の新たなフィギュアが紹介されています。
その電王はなんと電仮面の展開ギミックが搭載されているそうです。それだけではなく目やベルトのライティングギミックも搭載。

なるほど、これは非常に新しいですね。今まで変身シークエンスを再現できるフィギュアはなかったですし。
しかも可動フィギュアというのが驚き。フィギュアーツ並みに可動するのかな?

また画像の中には実物の展示写真もあり、大きさは30センチ近くあるように見えます。RAHやホットトイズのムービーマスターピースに近い大きさですね。
さいすがにフィギュアーツサイズでは無理なようですね。

ここまで自信をもって紹介しているということは、発売される可能性も高いと思います。
ただ可動や発光ギミック、変身ギミックの再現となると価格はそれなりにするでしょう。2万円以上は覚悟した方がいいかも。

とりあえずは明日開催の魂ネイション2017での皆さんのリアクションを見てみたいですね。
ちなみにこのフィギュアのブランド名はまだなし。一体どうなるんだ?

また新たな情報が入りましたらお知らせします!

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です