『ジャスティスリーグ:スナイダーカット』最新予告動画公開 - 続編についても言及

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ザック・スナイダー監督が3年越しに真の完成版を目指して製作されている『ジャスティスリーグ:スナイダーカット』の最新予告動画が公開された!

予告編にはすでに見られたシーンのほかにカットされたシーンなどの新たなものなどが数多く確認されている。
全編モノクロ調となっており、ヴィランであるステッペンウルフのデザインが変更されていたり、ロイス・レーンとスーパーマンの出会うシーン、サイボーグことビクター・ストーンの父親であるサイラス・ストーンの消滅など、劇場公開版とは大きく異なるようなシーンもいくつか確認できた。

本来は4時間もある映画を2時間に圧縮するために、非常に多くのシーンをカットし、ストーリーが変更されてきたことがわかる。

今作はカットされたシーンの追加だけではなく、キャストを再招集して新規カットの撮影も行われている。なかには本来の企画にもなかったジャレッド・レト演じるジョーカーの登場も予定されているのだ。

劇場公開版からは大きく異なるものになることは必至だろう。

ちなみにザック・スナイダー監督は今作が成功した場合の続編の可能性について海外メディアに対してコメントをした。

これ以上映画があるとは思わない。

すでに2本分の映画のボリュームになっている『スナイダーカット』のため、実質2作品と見ても良いだろうが、たとえ映画が好評だったとしても続編が作られる可能性は低いようだ。
一方で自身が初期に形作ったDCEUシリーズが様々な製作スタッフによって輝かしい功績になっていることについてもコメントしてくれた。

『みなさんはワンダーウーマンを持っており、アクアマンも持っている。そして新しいフラッシュの映画を持っている。これはすべて私がずっと前に植えた木の枝たちです。私は誇りに思う以上のことはありません。「ワンダーウーマン1984」で何が起こるかと興奮する以上のものはありません。パティ・ジェンキンス監督は天才であり、ガル・ガドットは史上最高のワンダーウーマンです。』

DCEUシリーズの立ち上げにかかわったザック・スナイダー監督は一旦は今作で身を引く可能性は高そうだが、もし『ジャスティスリーグ』の続編が製作されることになれば、ぜひとも戻ってきてほしいものだ。

『ジャスティスリーグ:スナイダーカット』は2021年にHBO Maxで配信予定

関連記事を読む

コメントをする