『ジャスティスリーグ:スナイダーカット』、ダークサイド・デスストローク・ジョーカー登場の動画公開 - 別の姿のフラッシュも?

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

間もなく米国などでの配信を迎えるDCコミックス原作映画『ジャスティスリーグ:スナイダーカット』。先日には全6話になることもわかり、徐々に情報が解禁されていっているが、今回は人気キャラクターたちが登場する新たなティザー動画が公開された!

動画の中にはレイ・ポーターが声を務める諸悪の根源ダークサイドや、バットマンのライバルでジョー・マンガニエロが演じるデスストローク、そして宿敵でジャレッド・レトが演じるジョーカーの姿も確認することができる。劇場公開版からカット、出番が極小、そして元々登場予定の無かったキャラクターなど、非常に注目すべきキャラクターたちが確認できた。

ダークサイドはステッペンウルフのさらに上位にいる悪の存在であり、マザーボックスなどを狙うジャスティスリーグの大ボス的な存在だ。
デスストロークとジョーカーはバットマンことブルース・ウェインが見た、スーパーマンが闇落ちした悪夢の世界のようなところにいることもわかる。

すでにバットマンとデスストロークが協力するといったストーリーも用意されていることがわかっており、ファンにとっても注目すべき展開が用意されている。

また動画の中ではエズラ・ミラーが演じるフラッシュらしき姿も見ることができる。その時のスーツが『バットマンVSスーパーマン:ジャスティスの誕生』で時を超えて突如ブルースの前に現れた姿に合致している。あの時にブルースに伝えた内容の真実が明らかにされていくかもしれない。

このように注目すべき内容が盛りだくさんの『ジャスティスリーグ:スナイダーカット』は2021年3月18日より、日本など一部の国を除く全世界でHBO Maxなどで配信開始予定だ。

関連記事を読む

コメントをする