『ジャスティスリーグ:SC』、グリーンランタンやニュー・ゴッズの登場も示唆 - ポスターなどでも確認

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

先日新しい予告編が公開され、ジャレッド・レトが演じるジョーカーの姿も初めて確認された『ジャスティスリーグ:スナイダーカット』
劇場公開版からは大きく異なる作品になるともいわれている今作だが、活躍の出番がなかったキャラクターにも大きくスポットライトがあてられる可能性が出てきている。

ハル・ジョーダンも登場か?

海外のアーティストであるボス・ロギック氏は自身のツイッターにて、『ジャスティスリーグ:スナイダーカット』のビジュアルポスターデザインを公開した。

ファンアートを多く手掛けているロギック氏だが、今回は公式による仕事だということで描かれているキャラクターも作品の中に登場してくるのではないかといわれている。

ポスターの中にはハル・ジョーダンらしきグリーンランタンの姿や、スワンウィック国防長官の本来の姿であるマーシャ・マンハンターらしきキャラクターもスーパーマンの後ろに確認することができる。

グリーンランタンについては劇場公開版でも数秒だけ登場しており、古代にダークサイドやステッペンウルフ率いる侵略軍に対抗するために、宇宙からの助っ人として参加していた。しかしそこに登場しているメンバーは有名なキャラクターというわけではなかった。

一方でポスターに映るのは人間タイプの姿で、ハル・ジョーダンを思わせる姿であることがわかる。
また海外のショップでは今作のステッカーが発売しており、そこにはグリーンランタンのロゴも確認されている。

海外メディアによると、シークレットな動きとして新しくハル・ジョーダンやシネストロ、ジョン・スチュワートを演じる俳優もキャスティングされているといわれており、今回の情報が事実ならばグリーンランタンの活躍が思っている以上に多くなっている可能性も十分にあり得るだろう。

このほか、ザック・スナイダー監督のインタビューによると、今作にはニューゴッズのキャラクターも一部登場してくるとコメントされている。

『子の映画では、デサード、ダークサイド、そのほかがアポカリプスの玉座の部屋で見ることできます。クラシックなジャック・カービーの「ニュー・ゴッズ」の姿も見ることができます。』

ニューゴッズは現在単独映画化の予定が伝えられていたが、長い間続報が伝えられていないのが現状だ。
また『ジャスティスリーグ:スナイダーカット』とのつながりもわかってはいないが、実写映画として登場してくるというのは期待してもよさそうだろう。

このように劇場公開版とは大きく異なることがわかる『ジャスティスリーグ:スナイダーカット』。今作は3月18日よりHBO Maxで米国配信開始予定だ。

関連記事を読む

コメントをする