ドラマ『ジャスティスリーグ・ダーク』の製作が決定! - 製作はJ・J・エイブラムスに!

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

アメリカのケーブルテレビ放送局のHBOが始めるストリーミングサービス「HBO Max」は、DCコミックスを原作としたドラマ製作を積極的に行っており、すでに『グリーンランタン』『ストレンジ・アドベンチャー』の製作が予定されている。

そんな中でまた新しいヒーローチームのドラマの製作が決定した!

「ジャスティスリーグ・ダーク」、以前には映画の計画も

複数の海外メディアは、HBO Maxで新しく配信されるドラマとして、『ジャスティスリーグ・ダーク』が決定したことを報じている!

J.J. Abrams Confirmed to Create Justice League Dark Series for HBO Max

製作にはいくつかのDC作品のライセンスを取得したといわれるバットロボットを所有するJ・J・エイブラムス。『スタートレック』や『スターウォーズ:フォースの覚醒』『スターウォーズ:スカイウォーカーの夜明け』などを製作したSF映画界きっての巨匠が、新しいDCヒーローチームの製作を手掛ける。また彼の妻であるケイティ・マクグラスも製作に傘下する予定だ。

HBO Maxの最高コンテンツ責任者であるケビン・ライリー氏も、『ジャスティスリーグ・ダーク』の製作に期待を込めたコメントをしている。

『JJとケイティの2人の元にある想像力豊かなバッドロボットチームとの出会いは、なんとも驚くべき始まりだった。』

ジャスティスリーグ・ダークは名前からしてヴィランのチームのようにも見えるが、彼らはれっきとしたヒーローチームである。
メンバーにはキアヌ・リーブス主演で映画化もされたコンスタンティン、ドラマ化もされたスワンプ・シング、人気のスーパーヒロイン・ザターナ、他にもエトリガンデッドマンなどが所属している。

以前にはアカデミー賞監督でもあるギレルモ・デル・トロ監督によって映画化の話もあったが、現在は実質白紙となっている。

果たしてドラマ『ジャスティスリーグ・ダーク』はどのような作品になっていくのだろうか?他のドラマシリーズとの関係性も気になるところだ。今後配信開始時期などがわかったらお伝えしていく。

関連記事を読む

コメントをする