『ジョーカー』脚本はリーク時よりも大幅変更を監督が明言 - サプライズも用意されている?

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

海外の映画祭で多くの称賛が贈られたDCコミックス映画『ジョーカー』は、以前に脚本の中身がネット上でリークされる事件が発生していました。

ストーリーはコミックとは大きく異なる作品になるといわれていますが、監督は脚本がリーク時よりも大きな変更が加えられていることを明らかにしています。

『これまでのコミック映画とは大きく違うものです』

『ジョーカー』を手掛けたトッド・フィリップス監督は海外メディアのAP通信のインタビューで、脚本がリーク時より大きく変更されたことを明かしています。

Fall Movie Preview: ‘Joker’ gets a prestige makeover

『彼ら(リークされた脚本を見た人たち)は映画を見たら、きっと大きなサプライズにあうことでしょう』

このサプライズというものがどのようなものなのか気になりますね。先日公開された最終予告編ではバットマンに関わっていると推測されるシーンも確認されていました。

このシーンが本当にバットマン誕生に関わるものならば、将来的に映画がシリーズ化していく可能性もありますね。

加えて監督は今作が他のコミック映画とは違う取り組みをしていることもコメントしています。

『私たちがこの映画でやろうとしているのは、これまでのコミック映画とはまったく違うことです。それらが良くなかったというわけではありません。私たちは別の何かに挑戦してみたかったのです。』

また監督は続編製作の意気込みや、ロバート・パティンソン主演の『ザ・バットマン』とのクロスオーバーの可能性についても言及していました。ただいずれにしても『ジョーカー』の興行収入次第で左右されるので、今後の動きに注目していきましょう。

映画は2019年10月4日に日米同時公開予定です。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です