『ジョーカー』、ウェイン夫妻殺害を描く? - 予告編のとあるシーンに注目が集まる!ブルースも登場か

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ついに最終予告編が解禁され、多くのファンが公開を待ち望んでいるDC映画『ジョーカー』。US版に引き続き日本語字幕版予告編も公開されました。

そんな予告編のあるシーンに、バットマン誕生の理由となったシーンがあると指摘され、多くのファンの注目が集まっています。

ウェイン親子が映り込む?

ホアキン・フェニックス主演の『ジョーカー』は、DCコミックスの有名ヴィランを主人公にしながらも、ほかのDC作品とは関連性を持たない独立した世界観で描かれます。しかし予告編のあるシーンに注目すると、まさかの『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』を意識したような演出が確認されています。

予告編の最後の方、2:11~あたりにあるシーン。映画館の近くでピエロの仮面をかぶった輩が事件を起こして走り去る様子が確認できます。
その映画館の入り口から出てきている一般市民に注目です。そこには父親母親とその息子と思われる3人の親子をいるのがわかると思います。

これがバットマンの両親であるウェイン夫妻と、バットマン本人であるブルース・ウェインではないかと指摘されています。

なぜこのような指摘がされたかというと、『BvS』の冒頭にあったウェイン夫妻が銃を持った男に撃たれるシーンも映画館付近であり、非常に似た雰囲気のシーンだったためです。

どちらのシーンも映画館前で展開されていることがわかります。

俳優に関してはいずれのシーンも異なる人物によって演じられているといわれていますが、トーマス・ウェインはブレット・カレン幼きブルース・ウェインはダンテ・ペレイラ=オルソンと、『ジョーカー』にキャスティングされている2人の俳優と子役である可能性が高いとみられます。

実際に2つの映画に大きな繋がりがあるかどうかはわかりませんが、『ジョーカー』でバットマン誕生の起源であるウェイン夫妻の殺害が描かれるのかもしれません。

ただ今作はジョーカーの映画であり、そしてブルースが幼いことを考えるとバットマンの登場はあり得なそうですが、今後に続編が製作された場合はなにかしらの形でバットマンの存在を示唆するものが出てくるかもしれません。

メガホンをとったトッド・フィリップス監督は今作について、コミック本をほとんど参考にしていないことも明かしていましたので、ひょっとすると意外な形でのバットマンネタを挟んでくるかもしれません。

『ジョーカー』は2019年10月4日に日米同時公開予定です。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です