ジョン・クラシンスキー、マーベルスタジオとの面会の情報 - F4のリーダー役か

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ウォルト・ディズニー社は2019年に20世紀FOX(現:20世紀スタジオ)を買収したことにより、傘下のマーベル・スタジオは「X-MEN」と「ファンタスティック・フォー」の権利を実質的に取り戻すことができ、今後MCUシリーズにも超能力集団が登場する可能性が示唆されている。

そして新たに入ってきた情報によると、実力のある俳優がマーベル・スタジオとの面会を行ったとの情報が入ってきた!

ミスター・ファンタスティック役?複数作品との情報も

海外メディアのGeeks Worldwideは、俳優であり最近では『クワイエット・プレイス』シリーズで監督もしているジョン・クラシンスキーが、マーベル・スタジオと面会を行ったことを報じている。

EXCLUSIVE: JOHN KRASINSKI RECENTLY MET WITH MARVEL STUDIOS

具体的にどのような作品についての面会だったかは判明しておらず、また俳優としての出演なのか、それとも監督などの製作サイドでの面会だったかもわかってはいない。ただ記事の中では”複数作品”であることもわかっており、今後大きな役割を果たすことが予想される。

ちなみにジョン・クラシンスキーは以前からも『ファンタスティック・フォー』のリーダーであるリード・リチャーズ/ミスター・ファンタスティック候補としても噂されており、多くのファンもその予測には沸いていた。
クラシンスキー自身はマーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギの映画にも興味があり、以前にはキャプテンアメリカのオーディションを受けたこともある。今でもスーパーヒーローを演じることにはオープンな姿勢であることがわかっている。

海外メディアのComickbook.comが3月にインタビューした際は、ミスター・ファンタスティック役に「私はその役をしたいと思っています」と前向きなコメントをしていた。

John Krasinski Would Love To Star In Fantastic Four, Reveals If Marvel Has Contacted Him

『私はマーベルの世界の一部であるということは素晴らしいことだとおもっています。そして多くの人たちが最高峰のレベルの一部に僕が候補に挙げているという事実はとても凄いことだと思いますね。』

マーベル・スタジオは水面下で『ファンタスティック・フォー』のリブートに向けて動いているのは事実だ。次なるMCUの10年の中でも非常に特別なヒーローになっていくことも予想される。
果たしてジョン・クラシンスキーはミスター・ファンタスティックとしてマーベルの世界にデビューすることになるのだろうか?今後の情報に注目だ。

関連記事を読む

コメントをする