ジョー・マンガニエロ、新たなデスストローク姿の写真を共有 - 『ジャスティスリーグSC』で新規撮影参加

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

DCコミックス映画『ジャスティスリーグ』は本来の姿を取り戻すために、ザック・スナイダー監督がカットされたシーンと新規撮影によるシーンを追加することによって合計4時間にもなる『ジャスティスリーグ:スナイダーカット』を製作している。

そんな中で今作の撮影に参加しているジョー・マンガニエロが新たなデスストロークの姿の写真を共有した。

ジョー・マンガニエロは撮影に参加することが明らかになる以前からデスストロークことスレイド・ウィルソンのような髪型をしていることが話題になっていた。

劇場公開版ではポストクレジットシーンのみに姿を現し、特に大きなアクションや活躍を見せてくれたわけではなかった。
しかし今回は新規のシーンを撮影するために再びデスストロークのスーツを身にまとってくれている。

以前までは『ザ・バットマン』への登場や単独映画の計画もあったが現状ではいずれも凍結状態となっている。
もし今作で再び盛り上がってくれれば映画でデスストロークの新たな活躍を見ることができるようになるかもしれない。

『ジャスティスリーグ:スナイダーカット』は2021年にHBO Maxで配信予定だ。

関連記事を読む

コメントをする