J・J・エイブラムス、”アベンジャーズ風”の『ジャスティスリーグ:ダーク』を計画中? ー 2つのスピンオフも

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

J・J・エイブラムスが制作を進めているとされているDCコミックスの実写シリーズのうち、新たな情報によると現在『アベンジャーズ』風の『ジャスティスリーグ:ダーク』のシリーズを企画していると海外メディアの最新のレポートで報告されている。

具体的になにがアベンジャーズ風なのかはわからないが、おそらく各ヒーローの単独作品を公開してからのクロスオーバー作品として『ジャスティスリーグ:ダーク』の展開という、王道の流れを指していると推測される。

その証拠にJ・J・エイブラムスの彼の制作会社であるバッド・ロボットはスピンオフ作品として『コンスタンティン』『マダム・ザナドゥ』の制作を予定しており、2つとも活発に制作の動きが確認されているとのことだ。
『コンスタンティン』については2023年初頭の撮影開始を目指してロケ地の偵察が行われていると記事では報告されている。

『ジャスティスリーグ:ダーク』については長い間制作のウワサがあったのだが、大きな進展もなく、さらにはワーナー・ブラザーズ・ディスカバリーからのDCコンテンツへの大きなテコ入れの情報もあるなかで、今シリーズの制作も本当に行われるのか疑問視されている状況だ。

ちなみにワーナーCEO自身もJ・J・エイブラムスの制作に進展が無いことに不信感を抱いているとのことで、内部でもどのような状況なのかしっかりと共有されていないと見られている。

J・J・エイブラムスのDC作品はDCEUシリーズやアローバースなどとも独立した展開をしていくことが予想されるため、今後のどのような作品が出来上がっていくのか注目をしておこう。

関連記事を読む

  1. 匿名 より:

    >各ヒーローの単独映画を公開してからの「ジャスティス・リーグ:ダーク」

    なんでそれをマン・オブ・スティールからの時点でやらなかったんだよ。

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。