ジェシカ・ヘンウィック、『シャン・チー』出演を断った経緯を明かす ー 『アイアン・フィスト』ではヒロイン役

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

Netflixで配信されていたマーベルドラマ『アイアン・フィスト』は、数あるマーベルドラマのなかでもそこまで大きく人気を得た作品ではなかったものの、ヒロインのコリーンについては一定の支持を集めていたキャラクターでもあった。

そんなコリーンを演じたジェシカ・ヘンウィックは実はMCU映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』への出演オファーがあったことを認めており、同時期にオファーのあった『マトリックス レザレクションズ』のふたつの選択を迫らえていたことを明かした。

Keanu Reeves and Carrie-Anne Moss resurrect a 20-year love story with The Matrix 4.0

『私にとって赤いピル・青いピルのような瞬間でした』

『マトリックス』におけるふたつの選択肢を選ぶ「赤いピル」と「青いピル」に例えながら、ふたつの作品への出演を選択したと話した。

実際に彼女が『シャン・チー』でどのような役柄でオファーを受けたのかは不明だが、ファンとしては『アイアン・フィスト』同様にコリーン役であることを願いたいところだ。
もちろん同じ俳優でも別のキャラクターで出演する俳優も多くいるのがMCUシリーズであり、顕著なのが『キャプテン・マーベル』ではミン・エルヴァ、『エターナルズ』ではセルシを演じたジェンマ・チャンが有名だろう。

ジェシカ・ヘンウィックもコリーンとは全く異なるキャラクターでMCUシリーズに戻ってきたかもしれないが、もはやそれは選ばれなかった選択肢だ。今後彼女がコリーン役として戻り、同時にアイアンフィストもMCU世界に戻ってくることを願っておこう。

関連記事を読む