ジェームズ・マカヴォイ、プロフェッサーX役再演についてコメント ー 「良い脚本があれば受けます」

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

20世紀FOXの元で展開されていたマーベル映画『X-MEN』シリーズは、今のところ『ニューミュータンツ』を最後に新作映画は制作されていない。

大方の予想ではマーベル・スタジオのMCUシリーズにてリブート、またはそのままのキャスティングや世界観で合流されるといわれている。

そんな『X-MEN』シリーズで若かりし頃のチャールズ・エグゼビア/プロフェッサーXを演じたジェームズ・マカヴォイが、今後同役に復帰するかについてコメントをしてくれた。

『演じられなくても悲しくはない』

海外メディアのインタビューに対してジェームズ・マカヴォイは、今後プロフェッサーXを再演するかどうかについてコメントをしてくれた。

X-Men’s James McAvoy Comments on Possible Return as Professor X in the MCU (Exclusive)

『私に良い脚本が提供されれば、いつでもやる気を燃やすことはできますが、チャールズの結末は良かったと感じています。(中略)特に彼が登場した最初の2つの映画では、それが終わった後に費やした時間と与えられた時間に満足しています。私は常に受け入れることはできますが、その場合は良い脚本でなければなりません。

ジェームズ・マカヴォイ自身は再演する気持ちもあるようだが、すでにチャールズ・エグゼビアを演じきったという達成感もあるようで、よほど良い脚本でない限りは再演することはないとコメントをした。

彼が演じた最後のチャールズ・エグゼビアは今のところ『X-MEN:ダークフェニックス』で終わっているのだが、シリーズとして物語が完結しているようには思えないところもある。もちろん続きを作る全体の作品のため、そのように感じるのは仕方がないが、やはりファンとしてはもう一度ジェームズ・マカヴォイにチャールズ・エグゼビアを演じてほしい気持ちもある。

またジェームズ・マカヴォイは別のインタビューのなかでも同役についてコメントをしており、再演することがなくても悲しい気持ちにはならないと話している。

X-Men’s James McAvoy Says He “Won’t Be Gutted” If He’s Done Playing Professor X

もう演じたくないというわけではないです。そんなことはありません。ただやりたくてうずうずしているといったことでもないです。2度と演じる機会が無くてもひどく落ち込んで悲しいと感じるわけではありません。

現状映画『X-MEN』を取り囲む状況としては公式に何かアナウンスをされているわけではない。一方でDisney+ (ディズニープラス)の『ワンダヴィジョン』では映画でクイックシルバーを演じたエヴァン・ピーターズが”ほぼ”同じ役で出演していたことも話題になっていた。これは20世紀FOXがウォルト・ディズニー社に買収されたことで、マーベル・スタジオと同じ傘下になったことが大きな要因だ。

今後もこういったクロスオーバーも不可能ではないことを『ワンダヴィジョン』のなかで示しており、マルチバースに舵を切っているMCUシリーズにおいてはキャストをおなじみの俳優陣のままでX-MENのキャラクターたちが再登場することは十分にあり得るだろう。

ちなみにかつてプロフェッサーXを演じて『ローガン』でシリーズを卒業していたパトリック・スチュワートは以前にマーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏と面会したことを明かしており、こちらの動きがどういったものだったのかについても注目が集まっている。

マーベル・スタジオの元で『X-MEN』シリーズがどのような展開をしていくかについては今後も注目をしておこう。

関連記事を読む

コメントをする