ジェームズ・ガン、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で要求したシーンとは? ー 「二人の関係で重要だった」

【広告】

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれています。

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME3』のネタバレが含まれています。ご注意ください。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME3』では、前作までのガモーラ(ゾーイ・サルダナ)とは異なるガモーラが登場する。

これは、オリジナルのガモーラが『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でサノスによって殺害され、『アベンジャーズ/エンドゲーム』では彼女がピーター・クイル(クリス・プラット)とガーディアンズ・オブ・ギャラクシーに出会う前の時系列のガモーラに置き換わってしまっているためである。

ジェームズ・ガン監督自身は、この2作品を通してガモーラを退場し、別のガモーラに変わることはすんなりと受け入れていたようだ。
理由としては当初、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』の時点で彼女の死を描くことを断念していた経緯があるからだ。

一方で、ガン監督は、映画の中でガモーラのシーンで描いてほしいものををマーベルに要求したことを、ニューヨークタイムズとのインタビューで明らかにした。

”『インフィニティ・ウォー』でのピーターとのキスシーンを映画に入れてほしいと頼んだんだ。彼らの関係を本当に強固にするために必要だったからね。『リミックス』ではキスシーンがあったけど、僕がカットしたんだ。素晴らしいシーンだったけど、タイミングが変だった。『リミックス』の終わりで、彼らが互いに好意を持っていることがはっきりと分かるけど、『インフィニティ・ウォー』では、彼らがもう恋人同士で、これが普通のことだってことを示さないといけなかった。キス自体が重要なわけじゃなくて、彼らが今はカップルだってことを示すことが大事だったんだ”

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME3』は、異なる存在のガモーラとどのように向き合い、物語が展開していくのかが注目されていた。彼女がピーター・クイルや、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーとどのような関係を築くのかが、今作の大きなポイントの一つだった。

結果的にはガモーラはラヴェジャーズが新たな家となっており、ガーディアンズに加わることも、ピーターと恋仲になることもなかった。

そのことについてピーター・クイル自身もある程度は受け入れたようで、その喪失からも立ち直り、更には自身の過去と向き合うために地球に戻り、90歳になった祖父との再会を果たしている。

今後ピーターとガモーラの関係に発展があるかは不明だが、今後ジェームズ・ガン監督無しで『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』が作られることになれば、その内容にも注目をしておこう。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME3』は2023年5月3日より劇場公開中だ。

  • 【広告】

  • 【広告】