ジェームズ・ガン監督、複数のDC作品を制作予定? ー 『ガーディアンズ』完結後はDCに本格参入か

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

マーベル・スタジオのMCUシリーズである『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を大ヒットさせ、ワーナー・ブラザース・ディスカバリーでもDCコミックス映画『ザ・スーサイド・スクワッド』とドラマ『ピースメイカー』も制作したジェームズ・ガン監督が、さらに複数のDCコミックス作品を制作することを有力海外メディアが伝えている。

具体的な作品については不明ではあるが、ガン監督はDCEUシリーズのプロデューサーであるピーター・サフラン氏と共に多くの作品の制作を計画しているとのことだ。

ジェームズ・ガン監督は2023年に公開予定の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』マーベル・スタジオでの制作を終えるとされている。そのためマーベルの次はDCへと本格的に参入するのではないかと推測されているのだ。

ガン監督が制作予定の作品としてわかっているのは『ピースメイカー』シーズン2のみである。『ザ・スーサイド・スクワッド』のさらなる続編などの情報もあるが、今のところは全く情報は無い。

ワーナーは現在複数のDC映画の制作を予定しており、新しい情報では『ザ・バットマン』のスピンオフとして3人のヴィランを主人公とした3つの映画が制作されると言われている。ひょっとするとこのなかの一つにジェームズ・ガン監督が参加する可能性も十分にあり得るだろう。

いずれにしてもガン監督が引き続きアメコミ映画を制作することはファンにとっても期待ではある。今後の新たな情報に期待をしておこう。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。