ヘンリー・カヴィル、別の役でDC映画出演の可能性も?ー ジェームズ・ガンが示唆

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

待望のスーパーマン役復帰を10月に報告しながらも、たったの2ヶ月で降板することになってしまったヘンリー・カヴィル
ファンも俳優自身も振り回されている感が強い昨今のDC界隈ではあるが、DCスタジオ代表のジェームズ・ガン監督はTwitterにて今後もヘンリー・カヴィルとの何らかの仕事があることを示唆している。

『しかし、私たちはヘンリーと素晴らしいミーティングをしたばかりで、私たちは彼の大ファンで、将来一緒に仕事をするための多くのエキサイティングな可能性について話しました

一部ではヘンリーがスーパーマン以外での役でDCU映画に出演するとの推測がされている。
先日にはアクアマンを演じるジェイソン・モモアがロボ役としてリキャストされるとのニュースも伝えられたことから、こういった推測がされているのだ。

ただスーパーマンとしてのイメージがすっかり定着してしまっているヘンリー・カヴィルなだけに、万が一別のキャラクターを演じる場合に誰もが納得するようなキャスティングをすることができるのかと不安なところもある。

DCUの新たなプランでは若いスーパーマンに焦点を当てた映画の製作がされるとのことで、それに察してヘンリー・カヴィルは降板することになったとされている。

最近の動きからもはやかつてのDCEUと新しいDCUは全く別のシリーズとして割り切った方がファンとしては精神衛生上も安定するかもしれない。

ジェームズ・ガンによると新たなDCUプランは2023年年明けにも何らかの発表が行えるとしている。果たして次の10年でDC映画はどのような方向に向かっていくのだろうか?今後の情報に注目をしておこう。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。