ジェームズ・ガン監督、『インフィニティ・ウォー』の後悔しているシーンとは? ー 「言わなければよかった」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズの人気ヒーローチームの『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を生み出したジェームズ・ガン監督。現在は完結編ともなる3作目の公開を控えているため、どのような物語になるのかについても注目されている。

そんなジェームズ・ガン、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でのガーディアンズのドラックスの透明化ジョークについて後悔していることを明かした

『デイヴ・バウティスタのジョークについて毎日のように言及されるので、そもそもこのジョークを言ったことを後悔しています』

ドラックスは良い雰囲気になっていたスターロードとガモーラの二人を音を立てないようにスナックを食べるという自称透明化能力によって見守っていた。ただ実際に見えなくなったわけではなく、周りからはちゃんと見えていた。

そのジョークがこの映画においても印象的なポイントのひとつだったため、いまなおネタにされることが多いとガン監督はコメントしている。毎日のようにくるというのは監督も辟易してしまうのは致し方ないだろう。

ただこのジョーク自体はガン監督が考案したものではないらしき、あくまで脚本を確認したにすぎなかったとも話している。

『私は脚本について相談を受けました。それだけです。基本的には「Vol.3」と矛盾していないないことを確認しただけです』

おそらく当時はここまでファンにウケるジョークだとは予想もできなかっただろう。ましてや自分で考案したものでないものを、何度もネタにされるのが嫌になるのは致し方ないことだ。

ファンとしてもあまりしつこく監督に対して絡みにいくのも控えた方が良いかもしれない。

ジェームズ・ガン監督最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』は2023年5月5日に全米公開予定だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。