ジェームズ・ガン監督、前作『スーサイド・スクワッド』に言及 ー 「矛盾するものはない」

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

2021年に公開を控えているDCコミックスの新作映画『ザ・スーサイド・スクワッド』。今作は2016年にデヴィッド・エアー監督作品『スーサイド・スクワッド』からソフトリブートされている作品として動き出しているが、その反面にハーレイ・クインやキャプテンブーメラン、リック・フラッグなどの続投キャラクターも複数存在している。

今回メガホンをとったジェームズ・ガン監督は、本作と2016年版の繋がりについてコメントをしてれた。

劇中では特に触れない可能性も?

『ザ・スーサイド・スクワッド』のジェームズ・ガン監督は海外メディアのインタビューに対して、2016年版の作品について言及をした。

The Suicide Squad: James Gunn and the cast on their deadly new DC adventure

『映画にはデヴィッドの映画と矛盾するものは何もないです。』

また前作と今作のキャスティングについても満足いっていると話している。

矛盾がないということは何かしらの繋がりを意識したものが劇中で描かれる可能性もあるが、逆に何も触れなければ矛盾することもない。
ソフトリブートなだけにどこまで前作を意識して作っているのかが今作の注目ポイントのひとつかもしれない。

同じような続編作品としては2020年に公開された『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒:BIRDS OF PREY』があったが、そこでは『スーサイド・スクワッド』でハーレイが着ていたTシャツが少しだけ映る演出がなされていた。

矛盾はしなくても大きく方針を転換していると思われる『ザ・スーサイド・スクワッド』。映画が公開する前にぜひとも前作を予習してから鑑賞してみるのもいいかもしれない。

映画は2021年8月13日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする