ジェームズ・ガン監督、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』後もマーベル作品制作へ意欲を示す

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUシリーズの人気作品『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』でメガホンをとるジェームズ・ガン監督は、昨年に過去の過激ツイートを原因でディズニーから解雇されていました。しかし様々なファンやキャスト、スタッフの声からディズニーに再雇用されていました。現在は最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』の製作に向けて準備をしています。

『GotG』自体は3作目で終了する予定ですが、監督自身は今後もMCUの宇宙を舞台にした作品の制作に意欲をしめしています。

James Gunn and Elizabeth Banks on How Their Friendship Fueled ‘Brightburn’

今現在では宇宙を舞台にした新作映画について公式アナウンスされているものはありませんが、クロエ・ジャオ監督の『エターナルズ』はもしかしたら近いのかもしれません。

また以前から噂のあるノヴァを主人公にした作品もありますが、『GotG』1作目に登場したザンダー星関連からガン監督が製作に関わる可能性も高いとみられています。
もう一つの可能性として『GotG:Vol.4』などもありますが、こちらについては全く情報がないため現状では憶測の域を出ていません。

ガン監督自身は引き続き製作への意欲を示しているということなので今後のオファー次第では期待ができそうですね。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』の公開時期は現状不明ではありますが、2021年ごろに公開が予想されています。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です