『インヒューマンズ』がMCUでリブートの可能性 - マーベルスタジオが検討中であることが報じられる

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

マーベルスタジオはサンディエゴコミコン2019とD23 Expoという2つのイベントを通じて、MCUフェイズ4の作品群の映画・ドラマ共に7作の合計14作品を製作することを明らかにしました。

公式発表されたフェイズ4作品は今のところこれらがすべてではありますが、また新たな作品がリストの名前に入る可能性が出てきました。

不評だったドラマ版が無かったことに?

海外メディアのWE GOT THIS COVEREDの記事は、マーベルスタジオが『インヒューマンズ』のリブートに関する検討に入っていることを報じています。

The Inhumans May Be Returning To The MCU With A New Cast

公式に確認されたものではありませんが、インヒューマンズの一人である『ミズ・マーベル』のドラマ化や、『エターナルズ』のセレスティアルズ(マーベル世界の神々)が作品内で上手く描かれていけば、『インヒューマンズ』のリブートの可能性もあると伝えています。

『インヒューマンズ』は当初、フェイズ3作品として映画版の製作を予定していました。しかしその後フェイズ3の予定が大きく変更され、ドラマとして作品が展開されることとなったのです。

放送前は多くのファンが期待にに胸を躍らせていましたが、放送された作品は非常に不評な結果となり、ドラマはシーズン1で製作終了となっています。

リブートのニュースは数か月前にも噂として囁かれていましたが、再び報じられるということは本格的にマーベルスタジオでの検討が始まったのかもしれません。

もし実現すれば、世界観を共有するMCUとしては初のリブート。果たしてどのような形で『インヒューマンズ』が生まれ変わることになるのでしょうか?
『ミズ・マーベル』や、インヒューマンズが登場している『エージェント・オブ・シールド』との関係も気になるポイントです。

今後も『インヒューマンズ』に関する新しい情報が入りましたらお知らせいたします。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です