マーベルスタジオ、ハルクリングのキャストを選定中か - 『ワンダヴィジョン』登場の噂

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

マーベルスタジオはMCUフェイズ4の撮影に向けて様々な準備を進めています。その中には新キャラクターのキャスティングも行われているとされており、以前には『ワンダヴィジョン』の主人公であるワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチの架空の双子のキャスティングをしていると伝えらえていました。

そんな架空の双子と関係の深いもう一人のヒーローもキャストが選定されているといわれています。

ハルクリングの出自に矛盾も?

海外メディアのGeeks WorldWideは、マーベルスタジオが新たなキャラクターとしてハルクリングのキャストを選定していると伝えています。

EXCLUSIVE: CASTING UNDERWAY FOR HULKLING IN UPCOMING MCU PROJECT

記事ではハルクリング役として16~23歳の男性俳優を探しており、『ワンダヴィジョン』に登場すると伝えています。

原作のハルクリングは、母にスクラル星人の姫であるアネレと、父にクリー星人の英雄キャプテン・マーベルを持つハイブリットなヤングヒーロー。スクラル星人のように変身能力を持ち、見た目はハルクのように緑の体色をしています。普段は能力によって白人青年の姿をして生活しているというキャラクター。

またワンダとヴィジョンの架空の双子の、さらに生まれ変わりであるウィッカンとはゲイの恋人関係であり、ウィッカンの親からは承認済みで同じ家に住んでいるという設定があります。

ウィッカンとその双子であるスピードの登場が噂されている『ワンダヴィジョン』にハルクリングも追加されるのは不自然な流れではないですね。

ただ実写に登場する場合、ハルクリングの出自にはコミックと矛盾も生じてきます。なぜなら父親であるキャプテンマーベル/マー・ベルは映画『キャプテンマーベル』に登場した際はアネット・ベニング演じる女性に変更されていました(少なくとも見た目は確実に女性)。

性別が変わってしまっては、ハルクリング出生にも大きく影響するのは間違いないでしょう。もしかしたら父親が別のキャラクターに置き換えられるのか、はたまたスクラル星人である母親も性別が変更されてしまうのかという可能性はありそうですね。

少なくともMCU世界ではすでにクリー星人もスクラル星人も登場しており、ハルクリングが現れるには十分な世界観が揃っています。果たしてハルクリングはどのような形で表れてくれるのでしょうか?

『ワンダヴィジョン』はDisney+ (ディズニープラス)限定で、2020年下半期に米国にて配信開始予定です。

関連記事を読む

コメントをする