ヒューゴ・ウィービング、レッドスカル役に戻らなかった理由を明かす - 契約上のトラブルが要因か

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

『アベンジャーズ/インフィニティウォー』『アベンジャーズ/エンドゲーム』では、ヒーローのみならず過去の作品に登場したヴィランもいくつか登場したのを覚えているでしょうか?

そのうちの1人としてサプライズ登場したのが『キャプテン・アメリカ/ザ・ファーストアベンジャー』のメインヴィランであったレッドスカル。彼は四次元キューブで宇宙空間に飛ばされた後、ヴォーミアでソウルストーンの案内人として生き延びていたことが明らかになりました。

しかし彼を演じたのは、ヒューゴ・ウィービングではなく代役のロス・マーカンド。なぜヒューゴはレッドスカル役として出演しなかったのでしょうか?

その理由について本人がコメントで明らかにしています。

金銭的な問題か

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファーストアベンジャー』にてレッドスカルを演じたヒューゴ・ウィービングは、海外メディアのTimeOutのインタビューに答え、自身が『アベンジャーズ/インフィニティウォー』と『アベンジャーズ/エンドゲーム』で再びレッドスカルを演じなかった理由について明らかにしました。

Hugo Weaving explains why he wasn’t in ‘Avengers: Endgame’ and won’t be appearing in the new ‘Matrix’

『私はレッドスカルを演じるのがとても大好きで楽しかったです。
当初は3作品の映画に出演する契約があり義務がありました。(レッドスカルは)おそらくキャプテンアメリカではなく、『アベンジャーズ』に戻ってくると考えていました。
ただそれまでにマーベル・スタジオは、私たちが同意した契約を戻してきて、最初の作品よりもはるかに少ない金額で『アベンジャーズ』への出演のオファーをしてきました。しかも2本分映画でした。
最初に契約に署名したときは、出演するたびにに金額が増えるということでした。ただ彼らは「それは単なる音声の仕事であり、大したことではない」と言いました。私はエージェントを通じて彼らと交渉することは無理だと感じましたし、そんなにやりたくはなかった。』

ヒューゴ・ウィービングとマーベル・スタジオ側との契約の問題によって出演が見送られたことを明らかにしました。

おそらくスタジオ側は映画に登場した通り、ソウルストーンへ案内するレッドスカル役としてヒューゴにオファーをしたと思われますが、、その際に声のみ出演であることを鑑みて、契約内容を変更してきたのではないかと考えられます。
ヒューゴ側としては当初の話から大きく変わっているので、不服とするのは当然のことでしょうね。

ファンとしては非常に残念ではありますが、こういった契約上の問題が発生すると、今後もヒューゴがレッドスカルとして映画に登場することは低そうです。少なくとも現在はヒューゴとマーベル・スタジオの間には出演契約はないものと推測できます。

このように、『インフィニティウォー』や『エンドゲーム』の名作の裏側では様々な攻防が行われていたのでしょう。今後もこういった契約関係の動きにも注目をしていきましょう。

関連記事を読む

コメントをする