ヘンリー・カヴィル、『ロキ』出演のウワサを否定 ー 「ジェームズ・ガンならばできたかも」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

DCコミックスのヒーローであるスーパーマン役としておなじみの俳優ヘンリー・カヴィル
先日には正式にスーパーマンとして復帰することを報告しており、将来のDCEUシリーズにおいても重要なキャラクターになることは間違いないだろう。

そんなヘンリー・カヴィル、実はマーベル作品への出演のウワサも密かに囁かれ始めている。
そのうちの一つとして挙がっているのが『ロキ』だ。

このウワサについて彼は海外メディアのインタビューのなかで出演についての情報を否定した。

『私の知る限り、「ロキ」に参加する予定はありません。いまだと可能性は低いけど、ジェームズ・ガンが制作したらもしかしたら僕も出れるかもしれない』

ヘンリー・カヴィルは先日DCスタジオの代表に就任したジェームズ・ガン監督の名前を挙げながら、彼が制作に参加した場合は可能性があるとコメントした。

おそらくガン監督が『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』以外のマーベル作品を手掛ける可能性は現状では低いため、ヘンリーの言うようなことは実現も難しいと思われる。

ちなみに彼が演じるとささやかれているのが、コミックに登場するハイペリオンだ。
彼は異次元から来たスーパーヒーローで、超人的な身体能力に、核融合にも似たようなパワー、飛行能力など、それこそスーパーマンにも匹敵するような能力をもつキャラクターだ。
見た目にもマントを羽織っているなど共通点もあることから、ヘンリー・カヴィルがマーベルでハイペリオンを演じるとのウワサがたっていたのだ。

現状では彼が『ロキ』に出演するといった公式な情報はないが、いつかDCのヒーローを演じる俳優たちがマーベルにも参加することを期待したいところではある。

『ロキ』シーズン2はDisney+ (ディズニープラス)で2023年に配信開始予定

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。