動画配信サービス「HBO Max」でDCドラマ「グリーンランタン」「ストレンジ・アドベンチャー」が製作決定!

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

アメリカのケーブルテレビ局のHBOが来年春にサービス開始するストリーミングサービス「HBO Max」で、DCコミックスを原作としたドラマ「ストレンジ・アドベンチャー」「グリーンランタン」が新たに製作されることが明らかになりました。

どのシリーズとも異なる作品に

ドラマ『ARROW/アロー』や、映画『グリーンランタン』を手掛けた脚本家でありプロデューサーのグレッグ・バーランティ氏は、HBO Max WarnerMedia Dayプレゼンテーションの場で、DCコミックスのヒーローである『ストレンジ・アドベンチャー』と『グリーンランタン』をドラマとして新たなシリーズを製作することを発表しました。

Green Lantern & ‘Strange Adventures’: Greg Berlanti And DC Go Cosmic For HBO Max

『HBO Max用に製作されるオリジナルのDC作品は、いずれもテレビで見られるものとは異なります。

いずれの作品もDCEUシリーズや、ドラマのアロバースなど、どの作品群に所属するのかはわかっていません。グレッグ・バーランティ氏は製作するということをアナウンスしたのみで、作品に関する詳細な情報は明らかにしていません。

『ストレンジ・アドベンチャー』は、アダム・ストレンジを主人公にした作品で、1958年の「ショーケース」#17で初登場しています。ゼータビームと呼ばれるものに巻き込まれた考古学者のストレンジは、惑星ランという星に飛ばされ、そこでヒーローとなっています。

『グリーンランタン』は2011年にグレッグ・バーランティ氏の脚本で映画化され、主演には『デッドプール』で有名なライアン・レイノルズが務めました。映画の興行収入自体は振るわず、続編製作も示唆されていましたが、その夢は叶いませんでした。それ以降はライアン・レイノルズの自虐ネタとして扱われることでも有名な作品です。
『ジャスティスリーグ』ではDCEUシリーズでもグリーンランタンの存在が明かされており、映画『グリーンランタン・コァ』の製作も予定されていましたが、現状では続報が入ってきていません。

また今回のドラマ化に合わせて公開されたみられるポスタービジュアルもリークされています。


今回HBO Maxにてドラマが製作されることになると、どのシリーズに属するのかも気になるところではあります。DCコミックスの実写作品には現在、『ジャスティスリーグ』や『スーサイド・スクワッド』などの映画の展開をメインとした「DCEUシリーズ」と、『ARROW/アロー』や『フラッシュ』などを中心としたテレビドラマ「アローバース」、そしてストリーミングサービスのDCユニバースで展開される『タイタンズ』や『ドゥーム・パトロール』などのシリーズが存在しています。また単独の世界観としてはホアキン・フェニックス主演の『ジョーカー』も話題になっています。

そのいずれかのシリーズに属する、または新たなHBO Max限定でのユニバースが展開されるのかはわかっていません。
おそらくはもう少し時間が経たなければ詳細な情報が明かされることはないでしょう。

HBO Maxではサービス開始してすぐに『ダークナイト』や『バットマン リターンズ』などの名作DC映画を楽しむことができるようになります。今後はDCコミックス作品へも注力していくとみられ、2020年春ごろにアメリカで展開開始予定です。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です